SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

「テンポ良く投げよう」とは意識していなかった&テンポが良いことでのデメリットもあった!?《元ドラゴンズエース・吉見一起オンライントーク》

試合が速く終わると困る人は誰?

2020年、惜しまれつつも中日ドラゴンズのユニフォームを脱いだ吉見一起さん。

2009年&2011年と2度の最多賞を獲得した中日ドラゴンズの元エースがオンライントークを披露してくれた。

そんな吉見一起さんといえば「投球間隔の短いテンポの良いピッチャー」という印象が強いだろう。

しかし、本人としてはテンポを意識していたわけではないという。

驚きなのは、テレビ局の人に「吉見くんが投げる日は試合が速くてCMを入れられない」と言われたこともあるぐらいだとか。

また、テンポが良いことはメリットが大きいと思われるが、意外なデメリットも最後に教えてくれた。

打たれだすと、そのテンポも良いので止まらなかったという。