SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

【中日】一つの変化球を投げすぎると、他のボールが死ぬ《元ドラゴンズエース・吉見一起オンライントーク》

ボールごとに使う筋肉や神経が違う

吉見一起さんはスライダーを得意としていた。

しかし、スライダーばかり投げる「スライダーピッチャー」になってしまったので、その代償として「ストレートが死んだ」という。

どういうことなのか? 詳しく話してもらった。

投げるボールごとに使う筋肉、使う神経が違うので一つのボールに依存しすぎると他のボールの精度が落ちるとのこと。

新しい球種を覚えるとビギナーズラックのように面白いようにバッターを打ち取れる時期がある。

しかし、一定期間を過ぎると打たれるようになってくる。

そこで「もっと曲げよう」という欲が強くなると体の開きが早くなったり、ひじを下げたりして他のボールが死んでくるという。