SPORTS WORK
- スポーツ業界で働く -

スポーツ業界でビジネスの実績を上げられるかはスポーツが好きかどうかは二の次!

スポーツが好きかどうかは二の次

人材関連の話でいうと、少しトレンドになっていますが、僕は”アスリートがセカンドキャリアでスポーツ業界へ入る”があまり好きではないんです。言い方が悪いのですが、ビジネス経験のないアスリートがビジネスマンになっても、いきなり成果を求めるのは無理があると思うんですよ。

プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!→
スポーツ業界の求人情報を見る

でも、スポーツ業界には元アスリートが多くいます。それ自体は悪いことではないと思うのですが、ビジネスで実績や結果を出せる人がもっといた方が良い。全部ではありませんが、結果を出せない人を結果が必要な役職に結びつけようとしているようなセカンドキャリア支援には疑問を持っています。

アスリートにとってスポーツという商材はもちろん1番馴染みがあると思いますし、馴染みがある商材の事業へ貢献できることはたくさんあるでしょう。まして、今まで何かを頑張って来て成功させたという体験もあり、その経験値を新しいことへ活かすことのできる環境が必要なのは間違いないです。

ただ同時に、実績がない中でのキャリアの転職を普通はできないのに、なぜかアスリートはOKという風潮に疑問は持っていました。

【インタビュー】株式会社スポーツマリオ
スポジョバ事業部長 伊藤知裕

◆経歴◆
1987年宮城県出身。新卒で入社した最大手スポーツ小売では同期最短で主要の商品部へ異動し、年間売上20億円程度を管理、マーケティング全般を学ぶ。その後、セールスの修行として外資系金融へ。Doスポーツ予約サイトの会社では新規事業を立ち上げ、形を整えたところでバトンタッチ。2019年6月より株式会社スポーツマリオの新規事業部長としてスポジョバを立ち上げ、現在は立ち上げたスポジョバの事業部長。東京学芸大学では体育会の硬式野球部に所属し、守備の人としてリーグ戦へ出場。受講講義は地域スポーツ論やスポーツ行政論、スポーツ経営論などで、総合型地域スポーツクラブとスポーツビジネスのマネタイズが興味事項。日本のスポーツ産業を主要輸出産業にすることを目論む。

【取材元】スポジョバ〜スポーツ業界に特化した求人メディアサイト〜
取材・構成=久下真以子
↓プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!↓

スポジョバは、2019年8月23日にリリースしたばかりのスポーツ業界に特化したマッチングサービスです。スポジョバのサイト内には、スポーツ業界の求人情報を中心としつつ、特集記事やセミナー、イベント情報も掲載します。「スポーツ好きなあなたがスポーツ業界をもっと良くする」をコンセプトに「価値あるスポーツの繋がりを作る」ことをミッションにしています。