SPORTS WORK
- スポーツ業界で働く -

アマチュアからプロのアスリートまで!キャリアアドバイザーってどんな仕事?

Text:久下真以子

スポーツ人材の就職支援サービス

スポーツ人財に特化した就職支援サービスを展開する「株式会社スポーツフィールド」は、昨年末にマザーズに上場。

今回お会いしたのは、キャリアアドバイザーとリクルーティングアドバイザー両面を務める社員の岸充さん(37歳)。

スポーツ業界にかけるアツイ思いをインタビューしてきました。

プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!→
スポーツ業界の求人情報を見る

なぜスポーツに特化したのか

ーー岸さんは、昨年8月にスポーツフィールドに入社されたそうですね。

岸:それまでは大手の人材派遣会社で13年務めていたのですが、スポーツに特化した人材支援に携わりたいと思い、ご縁があって転職しました。
現在は求職者にアドバイスをするほか、産学官と連携したデュアルキャリア推進の取り組み、そして普及や運営に関する競技団体のサポートなど、さまざまな仕事を担当しています。

ーーどうしてスポーツに特化したいと思ったのですか?

岸:前職でもスポーツ業界とお付き合いしていたのですが、スポーツに無限の可能性を感じたからです。自分自身も学生時代にサッカーをやっていて、社会人になってからも見る・支えるという面で関わってきて、そこで成長させてもらって助けられて。
あと、営業や商談の中でも「スポーツされてたんですか」っていう話になるじゃないですか。そこで「サッカーをしていました」って答えると話題が広がっていく。
自分だけではなく多くの人の間で、スポーツというのが会話のフックになっているんだというのをその時改めて感じたんです。

ーー確かにそう思います! 今日はこのうち、キャリアアドバイザーとしての仕事についてお伺いしますが、どんな求職者を担当しているのでしょうか。

岸:体育会学生はもちろん、現役のスポーツ選手もたくさんいらっしゃいます。
この数ヶ月で、サッカーやバスケットボール、バレーボール、フェンシング、陸上…幅広い分野の方にご登録いただいています。今日も元Jリーガーの選手と面談をしていたところです。

ーー現役のサッカー選手ですか? 今後を見据えて仕事のことを考えようと?

岸:はい。Jリーグの後、その下のリーグであるJFL(日本フットボールリーグ)でプレーしていたんですがそこの契約も切れてしまって。
これから選手を続けながら仕事をするか、引退してセカンドキャリアとして活躍していくかという話をしていました。

【インタビュー】株式会社スポーツフィールド キャリアアドバイザー 岸 充(きし・みつる)
◆経歴◆
6歳からサッカーをはじめ、大学卒業後は大手人材会社に入社。13年間、営業・アドバイザーとスポーツ業界を担当した後に株式会社スポーツフィールドに入社。
現在は経験を生かし、スポーツ人財のデュアルキャリアやセカンドキャリア支援、第二新卒・中途の転職支援を担当。長崎生まれ、東京育ち。37歳。

【取材元】スポジョバ〜スポーツ業界に特化した求人メディアサイト〜
取材・構成=久下真以子
↓プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!↓

スポジョバは、2019年8月23日にリリースしたばかりのスポーツ業界に特化したマッチングサービスです。スポジョバのサイト内には、スポーツ業界の求人情報を中心としつつ、特集記事やセミナー、イベント情報も掲載します。「スポーツ好きなあなたがスポーツ業界をもっと良くする」をコンセプトに「価値あるスポーツの繋がりを作る」ことをミッションにしています。