SPORTS WORK
- スポーツ業界で働く -

フリースタイルフットボール日本一の木村泰がフリスタを始めたきっかけとは!?

校舎の隅から、海外へ。フリースタイルフットボールをはじめたきっかけ

-お恥ずかしながら、フリースタイルフットボールというものをはじめて知りました…。

「そもそも”フリースタイルフットボール”っていう言葉自体が日本にはなかったんですよ。僕が始めたときもちろんありませんでした。高校まではサッカー部で国立競技場を目指して一生懸命やっていて、大学には一般で進学しました。でもマラドーナの動画とかを見るのが好きだったから、サッカー好きな友達と一緒に校舎の隅っこでボールを蹴っていましたね。そしたら輪に入ってきた先輩たちの技がすごくて、真似させてもらっているうちにどんどん技もできていって、サークルのようになっていったんです」

プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!→
スポーツ業界の求人情報を見る

-お友達とボールを蹴っていたことが始まりだったんですね。

「そんなときにナイキフリースタイルっていうナイキのDVD付きの本が出たんです。その時に初めて”ああ、フリースタイルフットボールってあるんだ”っていうのを認識しました。それで友達とその道を目指すようになりました」

-大学卒業後は就職せずに、フリースタイルフットボールの道を歩みます。ご両親は当時何とおっしゃっていたのですか。

「のめりこんでいるときは”頑張れよ”って言ってくれるタイプの両親だったのですが、”自分で自分の尻を拭いなさいよ”というのは常に言われていました。でも学業もちゃんとやる姿勢だけは見せないといけないと思っていたので、建築学科での勉強、特に論文は頑張りました。一応自慢なんですけど、学内外で論文賞をとったんです!それで、認めてくれた部分はあると思います」

-卒業後は、ヨーロッパやアメリカに留学したそうですね。

「ストリートパフォーマンスをして、チップで生活するというのをそれぞれ数か月やりました。日本でやるよりも海外のほうが空気的にそういうことをはじめやすいし、海外のエンターテインメントに対する視線も感じながら、技を磨いていきました。めっちゃキツかったですけどね…」

【インタビュー】 株式会社ブースト 木村泰

◆経歴◆
1986年、東京都出身。東海大学付属高輪台高等学校、東海大学建築学科卒。小中高でサッカー部キャプテン。大学からフリースタイルフットボールをはじめる。「日本フリースタイルフットボール選手権」優勝1回 準優勝1回。「RedBull Street Style Japan」 準優勝1回。「WahWahWah!!!ショーケースコンテスト」ファイナリスト。他、イベント、ショー、WebCM、PV出演多数。現在は「株式会社ブースト」の正社員としてイベントの企画運営にも携わっている。

【取材元】スポジョバ〜スポーツ業界に特化した求人メディアサイト〜
取材・構成=久下真以子
↓プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!↓

スポジョバは、2019年8月23日にリリースしたばかりのスポーツ業界に特化したマッチングサービスです。スポジョバのサイト内には、スポーツ業界の求人情報を中心としつつ、特集記事やセミナー、イベント情報も掲載します。「スポーツ好きなあなたがスポーツ業界をもっと良くする」をコンセプトに「価値あるスポーツの繋がりを作る」ことをミッションにしています。