SPORTS WORK
- スポーツ業界で働く -

通信対戦も出来る未来のけん玉。渋谷でスポーツとして広がる「DENDAMA」とは?

未来のけん玉「DENDAMA」開発者の思い

ーー今回、「DENDAMA」の存在を初めて知りました。

大谷:「IoTスマートけん玉」とも呼ばれているんですけど、通信対戦ができるけん玉となっています。
けん玉の中にセンサーが入っていて、スマートフォンのアプリと連動して、遊んだり検定を受けたり練習したりすることができます。
センサーによって、「どういう動き」で「どういう角度」で「球が乗ったか」というのを検知して、それをサーバーに上げるので、オンライン対戦もできるんですよ。

プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!→
スポーツ業界の求人情報を見る

ーー今インタビューをさせていただいているカフェバー「DENDAMA&DARTS RE/D(渋谷)」も、大谷さんの会社が展開しています。

大谷:ダーツバーにダーツがあるように、DENDAMAがバーに置かれてツールとして広がればいいなという思いから始めました。1席に1つDENDAMAを置いていますけど、これがあると飲みの時間も盛り上がるんですよね。
「失敗したらショットを飲むね」みたいな(笑)。渋谷の駅前ということもあって、たくさんのお客様に楽しんでいただいています。

ーー渋谷のスクランブル交差点の前にあるというのは、たくさんの人が来やすい立地ですよね。

大谷:もともと渋谷の宮下公園では、けん玉の文化が生まれていたんです。宮下公園といえばスケートボードとかストリート系のスポーツをやる人が多かったんですけど、そういったカルチャーとけん玉は親和性があったんですよね。
外国人も多く来る場所なので、SNSで投稿するとそれぞれの国に広がって、認知度が上がる。ブランディングとしては最適な場所になっていると思います。

ーーパナマ出身のグレゴリーさんは、けん玉についてご存じだったんですか。

グレゴリー:自分は来日して4年で、けん玉のことは全然知らなかったんですけど、スタートアップに興味があって面白い会社だと思って入社しました
今はアプリやWebの更新など、技術的なことをいろいろ担当しています。

【インタビュー】AXELL株式会社 大谷宜央氏・グレゴリー氏

【取材元】スポジョバ〜スポーツ業界に特化した求人メディアサイト〜
取材・構成=久下真以子
↓プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!↓

スポジョバは、2019年8月23日にリリースしたばかりのスポーツ業界に特化したマッチングサービスです。スポジョバのサイト内には、スポーツ業界の求人情報を中心としつつ、特集記事やセミナー、イベント情報も掲載します。「スポーツ好きなあなたがスポーツ業界をもっと良くする」をコンセプトに「価値あるスポーツの繋がりを作る」ことをミッションにしています。