SPORTS WORK
- スポーツ業界で働く -

「沖縄からスポーツに革命を」Tリーグ琉球アスティーダ社長の思いとは?

Tリーグ・琉球アスティーダ社長  早川周作氏インタビュー④

ーー今後は東京オリンピックも控え、卓球の注目度はさらに増すと思います。

早川:はい、そういった意味では現地観戦はもちろん、メディアとの親和性も大事にしていきたいです。
東京で卓球がブレイクした後も、パリやロスでも確実にメダルが取れる選手がうちで育ってきているので、継続的に注目していただけると思います。

プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!→
スポーツ業界の求人情報を見る

ーー一時的なものではなく、継続的な仕組みづくりは大事なことですね。

早川:会社にとってもプレーヤーにとっても、「スポーツ=儲からない」から「スポーツ=儲かる」という概念にしていきたいですね。
これだけ感動と情熱をもって向き合えるものってスポーツ以外にないじゃないですか。座組を変えていけば、JリーグだってBリーグだって、もっと変わっていくことができると思います。

ーーお話を聞けば聞くほど、卓球がスポーツ業界をけん引していく存在になりそうです。

早川:琉球アスティーダが先頭になって上場すれば、Bリーグ「琉球ゴールデンキングス」やJリーグ「FC琉球」をはじめ、県内の旅行会社や観光関連産業などとコミュニティができます。沖縄でこういったモデルができれば、各地域・各スポーツが参考にしてくれると思うんです。
自分の取り組んだことが業界内で寄与でき、歴史に残ることができれば嬉しい。沖縄から、スポーツに革命を起こしていきます

【インタビュー】Tリーグ・琉球アスティーダ社長  早川周作(はやかわ しゅうさく)
◆経歴◆
1976年、秋田県生まれ。明治大学法学部卒業。大学在学中から、学生起業家として活躍。その後、元首相の秘書として約2年間勉強し、28歳で国政選挙に出馬。経営者の世界に戻ったあとは、日本最大級の経営者交流会の主催のほか、新聞やテレビ、ラジオなどメディア露出多数。
2018年2月、琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社を設立し、代表取締役に就任。明治大学大学院講師・琉球大学非常勤講師等、業種業界を超えた幅広い分野で活躍している。

【取材元】スポジョバ〜スポーツ業界に特化した求人メディアサイト〜
取材・構成=久下真以子
↓プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!↓

スポジョバは、2019年8月23日にリリースしたばかりのスポーツ業界に特化したマッチングサービスです。スポジョバのサイト内には、スポーツ業界の求人情報を中心としつつ、特集記事やセミナー、イベント情報も掲載します。「スポーツ好きなあなたがスポーツ業界をもっと良くする」をコンセプトに「価値あるスポーツの繋がりを作る」ことをミッションにしています。