SPORTS WORK
- スポーツ業界で働く -

ビジネスチャンスの宝庫!スポーツ界で働くことの選択肢

今は国としても特にこれからスポーツ業界を伸ばそうという方針なのでお金は出やすいと思いますし、便乗している企業があればあるほどマーケット自体は絶対に活性化します。これはチャンスだと思っていて、ビジネスとして循環する仕組みさえちゃんと作れば、もっともっと大きくなるんじゃないかなと。

プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!→
スポーツ業界の求人情報を見る

うちは良くも悪くも小売業を30年やっていて、この期間にちゃんと会社として成り立ってきたという強みがある。何もないところからぽんと急に人材サービスを立ち上げたわけではないので、一般的な企業にもアプローチしやすいですし、取引先に求人をという形でもアプローチをしやすい。ローンチにあたって多くの企業にご協力いただきました。

スポーツ業界にもたくさんの会社があります。有名なサッカー選手の肖像を使ったマーケティングをする会社や、スタジアムの指定管理を行っている会社。全国にあるスタジアムの約8割ぐらいのスタジアムを作っている設計会社さんなんかもあります。チケットのもぎりを電子化してデータマーケティングをする会社も。

スポーツ界で働くことの選択肢って思ったより多くあるんです。関わり方も多様。ただ、その中で人材が足りていない。だからこそ、スポジョバを通じて「こんな仕事があるんだ」ということを知ってもらって、スポーツに少しでも興味のある人が業界に入ってくれることを願っています。

スポーツが好きかどうかはその次の話かなと思います。

【インタビュー】株式会社スポーツマリオ
スポジョバ事業部長 伊藤知裕

◆経歴◆
1987年宮城県出身。新卒で入社した最大手スポーツ小売では同期最短で主要の商品部へ異動し、年間売上20億円程度を管理、マーケティング全般を学ぶ。その後、セールスの修行として外資系金融へ。Doスポーツ予約サイトの会社では新規事業を立ち上げ、形を整えたところでバトンタッチ。2019年6月より株式会社スポーツマリオの新規事業部長としてスポジョバを立ち上げ、現在は立ち上げたスポジョバの事業部長。東京学芸大学では体育会の硬式野球部に所属し、守備の人としてリーグ戦へ出場。受講講義は地域スポーツ論やスポーツ行政論、スポーツ経営論などで、総合型地域スポーツクラブとスポーツビジネスのマネタイズが興味事項。日本のスポーツ産業を主要輸出産業にすることを目論む。

【取材元】スポジョバ〜スポーツ業界に特化した求人メディアサイト〜
取材・構成=久下真以子
↓プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!↓

スポジョバは、2019年8月23日にリリースしたばかりのスポーツ業界に特化したマッチングサービスです。スポジョバのサイト内には、スポーツ業界の求人情報を中心としつつ、特集記事やセミナー、イベント情報も掲載します。「スポーツ好きなあなたがスポーツ業界をもっと良くする」をコンセプトに「価値あるスポーツの繋がりを作る」ことをミッションにしています。