SPORTS WORK
- スポーツ業界で働く -

スポーツ業界の仕事を、分かりやすく分類するとどうなる?

スポーツの仕事は多種多様

スポーツに関係する仕事、と聞いたときにあなたはどんな仕事を思い浮かべますか?

スポーツスクール、スポーツメーカー、スタジアム業、スポーツ小売業など、様々な仕事が思い浮かぶと思います。また、スポーツ業界と聞いても、仕事の種類が多く、どんな業界なのか分からないですよね。

確かにスポーツ業界は他の業界よりも仕事の種類が多様化しており複雑なように思えます。
実はスポーツの仕事は大きく3種類に分けることができます。

それは①スポーツサービス・情報産業、②スポーツ用品産業、③スポーツ施設・空間産業です。以下詳しくスポーツ業界の仕事の種類の分類について取り上げていきます。

プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!→
スポーツ業界の求人情報を見る

スポーツに関わる仕事①
スポーツサービス・情報産業

スポーツサービスとは「スポーツを通じて利用者に体験を提供すること」です。

したがってスポーツを利用者に教えるためのスポーツ教室などはここの分類に含まれています。
一方で、スポーツ情報産業とは文字通りスポーツの情報を扱う領域です。
スポーツに関するメディアの運営や、雑誌の発行などの仕事はスポーツ情報産業と言えます。

スポーツに関わる仕事②
スポーツ用品産業

2つ目に分類されるのが「スポーツ用品産業」です。
これはランニングシューズや、野球バット、ボールなど、スポーツ用品に関わる仕事のことを指します。

つまり、スポーツメーカーであるナイキや、スポーツ小売業を行うアルペンはもちろんのこと、スポーツ用品の流通を担う卸売業もここの領域に含まれます。

スポーツに関わる仕事③
スポーツ施設・空間産業

3つの分類の最後の仕事は「スポーツ施設・空間産業」です。

野球スタジアムや、サッカースタジアム、バスケットボールアリーナなどのスポーツの各種目の競技場や、ゴルフ場、スキー場など、一般の方も使用できるスポーツ施設、これらを用いてビジネスを行っているのがこの領域です。

民間スポーツ施設以外にも、公共のスポーツ施設もこの領域に含まれているのです。

【初出】スポジョバ〜スポーツ業界に特化した求人メディアサイト〜

スポジョバは、2019年8月23日にリリースしたばかりのスポーツ業界に特化したマッチングサービスです。スポジョバのサイト内には、スポーツ業界の求人情報を中心としつつ、特集記事やセミナー、イベント情報も掲載します。「スポーツ好きなあなたがスポーツ業界をもっと良くする」をコンセプトに「価値あるスポーツの繋がりを作る」ことをミッションにしています。