SPORTS WORK
- スポーツ業界で働く -

スポーツ庁忰田氏が語るスポーツ市場を3倍にする為に不可欠なこととは!?

スポーツ業界にどんな想いでアプローチしているのか。

– 今のこのインタビューも正にその取り組みのひとつにしたいと思っています!スポーツ業界と今は関わりの少ない方に、興味を持ってもらったり、理解をしてもらったりしたいです。一方で、スポーツ業界の情報を押し付けるだけではなく、スポーツ業界の外にいる人が、スポーツ業界をどう感じているのかを理解するのも大切だと思っています。

政府としてスポーツ市場を5兆円から15兆円に拡大していこうという目標を掲げていますが、市場規模を拡大すること自体が最終目標ではないと考えています。スポーツ市場が拡大することで、スポーツに関わる人・組織がより豊かになることが重要だと思います。例えば、プロスポーツ選手にはなれなかったけれど、スポーツ業界で働きたい人がより多く働けるようになる。企業もスポーツと関わることで収益が向上する、ブランドイメージが上がるなど。

プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!→
スポーツ業界の求人情報を見る

スポーツ市場を3倍にするためには、スポーツに関わる人・組織が3倍になることが不可欠だと思います。理想は全ての人・組織が何らかの形でスポーツにポジティブな気持ちで関わっている社会になると良いなと思いながら、常日頃仕事をしています。

【インタビュー】
スポーツ庁参事官補佐 忰田康征

◆経歴◆
・1986年福岡県北九州市出身。2009年早稲田大学卒業後、経済産業省に入省。地域経済政策や貿易政策等を担当。
・2015年から2年間オーストラリアに留学し、グリフィス大学でスポーツマネジメント修士号を取得。
・2017年6月からスポーツ庁に出向中。
・スタジアム・アリーナ改革やスポーツ経営人材の育成・活用、SOIP(スポーツオープンイノベーションプラットフォーム)、スポーツシェアエコの推進等を担当。
・スポーツ界と他産業間の交流を促進するため、プライベートでもスポーツビジネス交流会を開催。

【取材元】スポジョバ〜スポーツ業界に特化した求人メディアサイト〜
取材・構成=久下真以子

スポジョバは、2019年8月23日にリリースしたばかりのスポーツ業界に特化したマッチングサービスです。スポジョバのサイト内には、スポーツ業界の求人情報を中心としつつ、特集記事やセミナー、イベント情報も掲載します。「スポーツ好きなあなたがスポーツ業界をもっと良くする」をコンセプトに「価値あるスポーツの繋がりを作る」ことをミッションにしています。