SPORTS WORK
- スポーツ業界で働く -

スポーツ業界で役立つ対人関係スキルの資格とは?

スポーツ業界で役に立つ資格!NLP

スポーツ業界への就職・転職に役立つ資格としてオススメしたいのが「NLP(Neuro-Linguistic Programming:神経言語プログラミング)」です。

「日商簿記検定」「販売士」といった資格は世間一般的にも知名度が高く、選考の際に形式的にも役に立つ書類上でも有利になりうるものです。一方で、こちらの資格NLPは少し知名度が低いです。

プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!→
スポーツ業界の求人情報を見る

しかし、スポーツ業界の中で働いていくにあたり、実用的な資格のため、ご紹介していきます!

NLPとは、仕事や人間関係の問題を解決し、収入や人生の目標を達成するための心理学や脳科学を統合した、卓越した成果を生み出すためのスキルや考え方のことを指します。

スポーツ業界でも、他の業界と同じく、複数人あるいは社外の人と共に仕事をする機会が非常に多く、コミュニケーション能力や人をまとめる力は必要になります。

NLPの資格を持ち、対人関係におけるスキルを身につけておけば、スポーツ業界で働くときに役立つこと間違いなしです。

【初出】スポジョバ〜スポーツ業界に特化した求人メディアサイト〜

スポジョバは、2019年8月23日にリリースしたばかりのスポーツ業界に特化したマッチングサービスです。スポジョバのサイト内には、スポーツ業界の求人情報を中心としつつ、特集記事やセミナー、イベント情報も掲載します。「スポーツ好きなあなたがスポーツ業界をもっと良くする」をコンセプトに「価値あるスポーツの繋がりを作る」ことをミッションにしています。