SPORTS WORK
- スポーツ業界で働く -

プロスポーツチームの仕事とは、どんな内容なのか?

プロスポーツチームに就職したい!

「プロスポーツリーグで働いてみたいけど、どんな仕事があるの?」
「サッカーや野球など、特定のスポーツに関わる仕事がしたい!」

特定のスポーツのプロチームに働きたいと思っていても、実際にその企業でどのような仕事内容があるかはなかなか分からないですよね。

NPB、Bリーグ、Jリーグ等、日本のプロスポーツチームに就職や、転職をするとどんな内容の仕事があるのかを具体的にご紹介していきます! まずは「営業」の仕事から。

プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!→
スポーツ業界の求人情報を見る

プロスポーツチームの仕事内容①営業

プロスポーツチーム内の仕事の1つ目として挙げられるのが、営業の仕事です。

チームのスポンサーになってもらえそうな候補企業にアプローチし、「スポンサー提案」を行い新規のスポンサーを確保することが主な業務です。

新規スポンサー契約だけでなく、既存のスポンサー企業に対しての継続提案や、前年度よりもご予算を出してもらうために行う営業業務もあります。

また、チームで考えたプロモーション企画の営業、提案などを行う場合もあります。

プロスポーツチームの仕事内容②企画

プロスポーツチームの仕事内容として、「企画」という業務も挙げられます。

チームの大きさによっても業務は様々ですが、主にプロスポーツチームの販促に関する企画立案、提案営業、実施運営などを行います。

具体的には、チケット販売告知に関する広告プランニングの立案、シーズンを通じて会場の中や外で行われる来場者イベントの企画、試合中会場で行われるチームマスコットやチアガールを使ったファンサービスの企画など、プロモーション課題全般に関わります。

プロスポーツチームの仕事内容③広報

プロスポーツチームには、「広報」の仕事もあります。

主な業務は大きく分けて3つ。
「取材対応」
「チーム会誌、ポスターなどの広報物の作成」
「チーム公式サイトやSNSの運営」
が挙げられます。

広報の仕事の質が良ければ、スタジアムへの来客数の増加、チームの知名度アップや人気につながるなど、チームの収益に大きく関わる重要な仕事です。

プロスポーツチームで働くにも色々な種類の仕事がある

上記で挙げた以外にも、試合を観に来た来場者の誘導や、スタジアム内外の運営など、試合をサポートするための業務もあります。

Bリーグ、Jリーグ、NPBなど、どのリーグなのか、またどのチームなのかによって細かい業務の割り振りは様々です。

自分がどのスポーツ、チームで働きたいのかだけでなく、チームの中でどのような業務もしたいのかを考えることも大切です。

【初出】スポジョバ〜スポーツ業界に特化した求人メディアサイト〜

スポジョバは、2019年8月23日にリリースしたばかりのスポーツ業界に特化したマッチングサービスです。スポジョバのサイト内には、スポーツ業界の求人情報を中心としつつ、特集記事やセミナー、イベント情報も掲載します。「スポーツ好きなあなたがスポーツ業界をもっと良くする」をコンセプトに「価値あるスポーツの繋がりを作る」ことをミッションにしています。