SPORTS WORK
- スポーツ業界で働く -

1993年Jリーグ初年度。開幕戦が5月に設定された理由とは?

93年の4月・5月上旬はワールドカップアジア予選中だった

リーグ発足前に存在していたのが、日本サッカーリーグ(JSL)でした。

プロ化に向けて動きが進み、Jリーグが発足したのは1992年、10クラブが加盟していました。

プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!→
スポーツ業界の求人情報を見る

オリジナル10(オリジナルテン)とも呼ばれるチームは以下の通りです。

鹿島アントラーズ
ジェフユナイテッド市原
浦和レッドダイヤモンズ
ヴェルディ川崎
横浜マリノス
横浜フリューゲルス
清水エスパルス
名古屋グランパスエイト
ガンバ大阪
サンフレッチェ広島

本来であればリーグ戦の開幕は3月ですが、1993年4月から5月まではワールドカップのアジア一次予選が開催されていました。

そこで、Jリーグの成功にはサッカー日本代表の成功も不可欠と考えていたJリーグ事務局は、1993年5月15日に開幕戦を設定し、リーグの開幕を遅らせたのです。

【初出】スポジョバ〜スポーツ業界に特化した求人メディアサイト〜

スポジョバは、2019年8月23日にリリースしたばかりのスポーツ業界に特化したマッチングサービスです。スポジョバのサイト内には、スポーツ業界の求人情報を中心としつつ、特集記事やセミナー、イベント情報も掲載します。「スポーツ好きなあなたがスポーツ業界をもっと良くする」をコンセプトに「価値あるスポーツの繋がりを作る」ことをミッションにしています。