SPORTS WORK
- スポーツ業界で働く -

7月6日にマジック62点灯!ホークスが異常な強さを見せた年とは?

1965年南海ホークスはシーズン17連勝も達成

日本プロ野球歴代の連勝記録の中で、連勝の記録が3番目に多いのが1965年の南海ホークス(現福岡ソフトバンクホークス)です。

南海ホークスの連勝記録は「17連勝」、1965年6月17日~7月14日の間で記録しました。

プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!→
スポーツ業界の求人情報を見る

前年日本一を達成した南海は勢い止まらず好調を維持。チームの主砲・野村克也選手が戦後初の三冠王を獲得したり、「鷹の爪」とも呼ばれた広瀬叔功選手が5年連続5度目の盗塁王を獲得したりと、様々な記録を残しました。

また、開幕わずか3ヶ月の7月6日に「マジックナンバー62」が点灯(そのチーム以外のチームの自力優勝可能性がなくなったこと)するなど、圧倒的な強さを誇っていました。

後半は少し調子が落ちたものの、前半の絶好調もあり、2年連続で南海ホークスはリーグ優勝に輝いたのです。

【初出】スポジョバ〜スポーツ業界に特化した求人メディアサイト〜

スポジョバは、2019年8月23日にリリースしたばかりのスポーツ業界に特化したマッチングサービスです。スポジョバのサイト内には、スポーツ業界の求人情報を中心としつつ、特集記事やセミナー、イベント情報も掲載します。「スポーツ好きなあなたがスポーツ業界をもっと良くする」をコンセプトに「価値あるスポーツの繋がりを作る」ことをミッションにしています。