SPORTS WORK
- スポーツ業界で働く -

中学・高校・プロ、野球の試合のそれぞれの平均試合時間は?

プロは3時間16分平均

・中学野球
中学生の硬式野球の試合時間の平均は、1回表のプレイボールから計測すると約1時間半から2時間になります。プロなどの試合が9イニングなのに対して中学生の試合は7イニングのため、試合時間の平均が短くなっています。

プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!→
スポーツ業界の求人情報を見る

・高校野球
毎年甲子園が大盛り上がりの高校野球。高校野球の試合時間の平均はおおよそ2時間から2時間半となっています。高校生の試合は攻守交代のときも走って素早く移動する上に、複雑すぎるサイン交換も少ないため試合時間がプロよりも短い傾向にあります。

・プロ野球
日本野球機構(NPB)により2019年シーズンの平均試合時間が3時間16分で有ることが発表されました(9回の試合のみ)。試合時間が長くなる理由としては、イニングの間隔や、攻守の入れ替わりに時間がかかっているということが挙げられます。

観客からも試合時間が長すぎるという声も上がっており、イベントやファンサービスとのバランスを取りながら、試合時間短縮に取り組んでいく方針を日本野球機構は挙げています。

【初出】スポジョバ〜スポーツ業界に特化した求人メディアサイト〜

スポジョバは、2019年8月23日にリリースしたばかりのスポーツ業界に特化したマッチングサービスです。スポジョバのサイト内には、スポーツ業界の求人情報を中心としつつ、特集記事やセミナー、イベント情報も掲載します。「スポーツ好きなあなたがスポーツ業界をもっと良くする」をコンセプトに「価値あるスポーツの繋がりを作る」ことをミッションにしています。