SPORTS WORK
- スポーツ業界で働く -

NPB史上最多の18連勝を達成するも、優勝を逃した悲劇のチームとは?

1954年シーズンの南海ホークス!

大毎オリオンズと並んでNPB例題最多の「18連勝」を記録したのが、南海ホークスの1954年のシーズンです。

宅和本司選手が防御率1.58と活躍し新人賞を受賞、二塁手の森下正夫がベストナインに選ばれるなど、チームは好調でした。野村克也氏がデビューしたのもこの年。

プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!→
スポーツ業界の求人情報を見る

しかし、ゲーム差0.5で西鉄ライオンズ(現:埼玉西武ライオンズ)に届かず、リーグ2位。最多連勝記録を記録したのにも関わらず、優勝を逃してしまいました。

その悔しさを晴らしたのは翌55年。シーズンのチーム最多勝利記録の99勝を上げて優勝を果たしています。

【初出】スポジョバ〜スポーツ業界に特化した求人メディアサイト〜

スポジョバは、2019年8月23日にリリースしたばかりのスポーツ業界に特化したマッチングサービスです。スポジョバのサイト内には、スポーツ業界の求人情報を中心としつつ、特集記事やセミナー、イベント情報も掲載します。「スポーツ好きなあなたがスポーツ業界をもっと良くする」をコンセプトに「価値あるスポーツの繋がりを作る」ことをミッションにしています。