SPORTS WORK
- スポーツ業界で働く -

プロスポーツの収入源である広告収入とは?

楽天とバルセロナの契約など、大きな額が動く

広告収入とは、リーグを支援してくれる法人や、企業から支払われる収入です。

プロスポーツの試合、例えばバスケットボールや野球などの試合を見ていると選手のユニフォームに、企業の名前やロゴがプリントされていますよね。

プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!
スポーツ業界の求人情報を見る

またコートやフィールドを囲むように、企業や法人のロゴが貼られているのを目にしますよね。特にサッカーの試合を見ていると、フィールドも広いため様々な企業・法人のロゴが目に入ってくると思います。

リーグは「広告料」を受け取る対価として、ユニフォームやウェア、スタジアム等にロゴを入れることで、企業や法人の認知度、知名度を広める手助けをします。

2016年には、ネット通販大手の楽天と、サッカーの強豪チーム、バルセロナとのスポンサー契約が話題になりました。

2017年には、アメリカプロバスケットボールリーグ、NBAの優勝チーム、ウォーリアーズとも、楽天はスポンサー契約を結びました。

こうしたスポンサー契約はプロスポーツビジネスにおいて非常に重要な収入源となります。

【初出】スポジョバ〜スポーツ業界に特化した求人メディアサイト〜

スポジョバは、2019年8月23日にリリースしたばかりのスポーツ業界に特化したマッチングサービスです。スポジョバのサイト内には、スポーツ業界の求人情報を中心としつつ、特集記事やセミナー、イベント情報も掲載します。「スポーツ好きなあなたがスポーツ業界をもっと良くする」をコンセプトに「価値あるスポーツの繋がりを作る」ことをミッションにしています。