SPORTS WORK
- スポーツ業界で働く -

ゴールドウイン販売本部員が考える「スポーツ業界の良さ」とは?

ゴールドウイン販売本部、山本雅弘氏インタビュー⑤

ーー前職も含め、スポーツ業界で40年働いてきている山本さんですが、仕事の魅力はどんなところにあると思いますか。

山本:メーカーとしては、自分が企画したり関わった商品を街中で着ている人を見かけたら、やっぱり嬉しいですよ。小売としては、「たくさん物が売れた=地域で認められた」ということになりますよね。自分のお店のファンがたくさんいれば、苦しいこともたくさん耐え抜くことができる気がします。

プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!
スポーツ業界の求人情報を見る

ーーダイエーでの経験やゼットへの出向。小売・メーカー・代理店全ての視点でスポーツ業界を考えられることができる人はなかなかいないと思います。そんな山本さんだからこそ見えてきたものもあるのではないでしょうか。

山本:やっぱり「スポーツ業界はいい業界だな」ということです。スポーツって夢のある仕事ですよね。自分がスポーツが出来る・出来ないにかかわらず、憧れだとかカッコイイとか、人の夢を乗せている業界なので、ある意味エンターテインメントなんです。人を喜ばせたり感動させたりする世界に自分が関われているというだけでも、楽しいし幸せですよ、私なんかはね。

ーー今後、ゴールドウインにはどんな人材が求められていると考えますか。

山本:根底として「スポーツが好き」ということだと思います。思いがないといけないと言っているわけではないのですが、そうじゃないと長続きしないと思うんですよ。他業界から転職して来る人であれば、今たまたま別の業界にいるけれどスポーツ観戦が大好きとか、プロじゃなくてもいいから野球やっていたとか。生きる術のためだけにこの業界を選ぶのではなく、「スポーツに関わりたいな」と思ってきてくれる方がいいと私は思います。

ーー他業界にいたからこそ、スポーツ業界に転職してもたらすメリットもありそうです。

山本:弊社にも転職組はたくさんいますけど、結果的には「自分が入ってきたメリットをどれだけ出せるか」だと思います。新卒入社組ができることを転職組がやったって、それだと来た意味があまりない。だから、新しい事業や方法、システムや顧客を任せられる人材が必要だと私は思います。

【インタビュー】株式会社ゴールドウイン 山本雅弘
◆経歴◆
大阪府出身。近畿大学アメリカンフットボール部を経て、新卒で(株)パシフィックスポーツ(ダイエーグループ)に入社。33歳で株式会社ゴールドウインに転職。現在は販売本部に所属する傍ら、ゼット株式会社に出向し小売店のサポートやアドバイスを担当している。1955年10月18日生まれ。郷ひろみと同じ生年月日。

【取材元】スポジョバ〜スポーツ業界に特化した求人メディアサイト〜
取材・構成=久下真以子
↓プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!↓

スポジョバは、2019年8月23日にリリースしたばかりのスポーツ業界に特化したマッチングサービスです。スポジョバのサイト内には、スポーツ業界の求人情報を中心としつつ、特集記事やセミナー、イベント情報も掲載します。「スポーツ好きなあなたがスポーツ業界をもっと良くする」をコンセプトに「価値あるスポーツの繋がりを作る」ことをミッションにしています。