SPORTS WORK
- スポーツ業界で働く -

「プロキャディ」と「ハウスキャディ」その違いとは?

キャディに求められるのは、資格ではなく知識

ゴルフのキャディになるにはどのような方法があるのでしょうか。

キャディーには大きく分けて、「プロキャディ(帯同キャディ)」と「ハウスキャディ」という2種類があります。

プロキャディはプロゴルファーと一緒にトーナメントに出場し、一緒にコースを回って選手のパートナーとして活躍します。

プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!《スポーツ業界の求人情報を見る》

対して、ハウスキャディは特定のゴルフ場に勤務し、そこに来るお客さんと一緒にコースを回ります。

どちらのキャディになるにも特別な資格は必要なく、ゴルフが上手い必要もありません。

特にハウスキャディでは、研修を受けることで実際にキャディとして働き出すことができます。

しかし、プレーをサポートするという性質上、ゴルフやコースについて熟知している必要があります。

ハウスキャディと比べて、プロキャディになるのは紹介が多いため、プロ選手の知り合いがいるなど人脈がないとなかなか厳しい職業といえます。

キャディになるには「ハウスキャディ」「プロキャディ」という二つの選択肢が存在するのです。

【初出】スポジョバ〜スポーツ業界に特化した求人メディアサイト〜

スポジョバは、2019年8月23日にリリースしたばかりのスポーツ業界に特化したマッチングサービスです。スポジョバのサイト内には、スポーツ業界の求人情報を中心としつつ、特集記事やセミナー、イベント情報も掲載します。「スポーツ好きなあなたがスポーツ業界をもっと良くする」をコンセプトに「価値あるスポーツの繋がりを作る」ことをミッションにしています。