SPORTS WORK
- スポーツ業界で働く -

【水泳泳ぎ方解説】背泳ぎのローリングのコツとは!?

背泳ぎは肩から回すように腕を動かす!

背泳ぎの腕の使い方。ストロークでは腕のみを回すのではなく、肩から大きく動かすことを意識しましょう。また、腕を回す際は肘が曲がらないように耳の横を擦るように動かすと、上手く前に進むことができます。

プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!《スポーツ業界の求人情報を見る》

腕を動かすことに慣れてきたら、次はローリングを身に付けましょう。

ローリングとは、腕の動きに合わせて身体が左右に動くことを指します。

クロールや背泳ぎなど左右で交互に水をかく動かし方をする泳ぎ方では、大きく水をかこうとすると、水をかく方の手の方向に自然と身体が傾きます。

このローリングが上手くできるようになれば肩の動きが大きく、かつ水を多くかけるようになるため、背泳ぎでのタイムを伸ばすことができます。

深めに腕を入水させ、遠くの水を掴みにいくイメージで腕を動かすのがローリングのコツです。

しかし、無理に身体を傾けようとすると姿勢やリズムが崩れてしまうため、あくまで「大きく肩を動かそうとした結果身体が傾く」ということを忘れないようにしてください。

【初出】スポジョバ〜スポーツ業界に特化した求人メディアサイト〜

スポジョバは、2019年8月23日にリリースしたばかりのスポーツ業界に特化したマッチングサービスです。スポジョバのサイト内には、スポーツ業界の求人情報を中心としつつ、特集記事やセミナー、イベント情報も掲載します。「スポーツ好きなあなたがスポーツ業界をもっと良くする」をコンセプトに「価値あるスポーツの繋がりを作る」ことをミッションにしています。