SPORTS WORK
- スポーツ業界で働く -

プロ野球でセ・リーグ、パ・リーグが出来た理由とは!?【スポーツ業界で働く人たち】

球団参入の可否を巡って意見が対立

日本のプロ野球は最初から今の形のように2つのリーグがあったわけではなく、元々は「日本野球連盟」の1リーグのみでした。

プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!《スポーツ業界の求人情報を見る》

しかし、1950年頃、毎日新聞社の球団、毎日オリオンズ(現:千葉ロッテマリーンズ)がプロ野球への参入を希望、参入の可否について球団ごとで意見が対立したことで2つのリーグが生まれました。

当時ライバルであった新聞社、中日ドラゴンズと読売ジャイアンツが毎日オリオンズの参入に猛反対をしました。それでも、毎日オリオンズの参入について賛成の球団もあり、反対派と賛成派で、セ・リーグ、パ・リーグが出来上がりました。

したがって、セ・リーグ、パ・リーグはチームの強さや地域ではなく、当時の参入反対派がセ・リーグ、賛成派がパ・リーグ、というの分け方で出来上がったリーグなのです。

プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!《スポーツ業界の求人情報を見る》

【初出】スポジョバ〜スポーツ業界に特化した求人メディアサイト〜

スポジョバは、2019年8月23日にリリースしたばかりのスポーツ業界に特化したマッチングサービスです。スポジョバのサイト内には、スポーツ業界の求人情報を中心としつつ、特集記事やセミナー、イベント情報も掲載します。「スポーツ好きなあなたがスポーツ業界をもっと良くする」をコンセプトに「価値あるスポーツの繋がりを作る」ことをミッションにしています。