SPORTS WORK
- スポーツ業界で働く -

マウンドからホームベースまでの距離が18.44メートルになった理由

当初は13メートルだった

ピッチャーからキャッチャーの距離が18.44mですが、微妙な数値だなと感じた方は多いのではないのでしょうか?

プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!《スポーツ業界の求人情報を見る》

野球のルールが定められた当初は、実はピッチャーからキャッチャーまでの距離は13mと今よりも近く設定されていました。

しかし19世紀当時、MLBの前身であるアメリカのプロ野球リーグに所属するニューヨークジャイアンツのピッチャーがとても速い豪速球を投げていたため、バッターは打つ事ができず、他のチームからマウンドを遠くしろというクレームが相継ぎました。

さらにその状況の中で、ニューヨークジャイアンツのピッチャーがバッターへの頭部死球を与え昏睡状態にさせてしまったことから、選手の安全面も考え、キャッチャーからバッターまでの距離を遠くしようという動きが起こりました。

距離の変更が決まった際は60フィート(18.288m)だったものの、製図屋に提出したところ、60.0を60.6と見間違われてしまい、今の距離となりました。

実は18.44mという距離は、「勘違い」から生まれた距離だったのです。

現代ではあり得ない話ですが、この絶妙な距離があるからこそ駆け引きが多く、バランスの取れた野球を観られているのですね!(この距離には関しては、諸説あります)

プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!《スポーツ業界の求人情報を見る》

【初出】スポジョバ〜スポーツ業界に特化した求人メディアサイト〜

スポジョバは、2019年8月23日にリリースしたばかりのスポーツ業界に特化したマッチングサービスです。スポジョバのサイト内には、スポーツ業界の求人情報を中心としつつ、特集記事やセミナー、イベント情報も掲載します。「スポーツ好きなあなたがスポーツ業界をもっと良くする」をコンセプトに「価値あるスポーツの繋がりを作る」ことをミッションにしています。