SPORTS WORK
- スポーツ業界で働く -

サードが「ホットコーナー」と言われる理由【野球ポジション解説】

強打者の打球が飛んで来るポジション

 三塁付近を守備範囲とするサードですが、強烈な打球が飛んでくる事が最も多いポジションであることから、「ホットコーナー」と言われることもあります。

 内野手の中でも一塁に最も遠い守備位置のため、俊敏さと肩の強さ、送球の正確さが求められます。加えて、強い打球を処理する捕球能力も必要になってきます。

プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!《スポーツ業界の求人情報を見る》

 それでも、三塁のポジションは一般的にやや守備負担が少ないとされています。

 打撃は魅力だが守備に多少の不安が残るという選手が、サードに配置されている事が多くなります。

 また、サードのポジションの選手は他の内野手と同様に、右利きの選手が守っている事が多いです。

 ゴロを処理して一塁に送球するという動作において、左利きの場合は足を入れ替えてボールを投げなければいけないため、右利きよりも遅れてしまうためです。

プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!《スポーツ業界の求人情報を見る》

【初出】スポジョバ〜スポーツ業界に特化した求人メディアサイト〜

スポジョバは、2019年8月23日にリリースしたばかりのスポーツ業界に特化したマッチングサービスです。スポジョバのサイト内には、スポーツ業界の求人情報を中心としつつ、特集記事やセミナー、イベント情報も掲載します。「スポーツ好きなあなたがスポーツ業界をもっと良くする」をコンセプトに「価値あるスポーツの繋がりを作る」ことをミッションにしています。