SPORTS WORK
- スポーツ業界で働く -

〈サッカー基本技術〉ロングパスを使用する場面

正確なロングパスでチャンスを作ろう!

 サッカーでロングパスは試合中のどんな場面で使うのでしょうか。大きく分けて使う場面は3つあります。

プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!《スポーツ業界の求人情報を見る》

①サイドチェンジ
②カウンター
③ゴールキック

 ロングパスでは、攻めているサイドを変え、相手を揺さぶることのできるサイドチェンジやカウンターの際に前線へすばやくボールを送る時に使われます。

 また、ゴールキックの際に前線へボールを送る時にも使います。

 そして、近年では守っている際にボールを蹴りだすクリアでも味方に繋ぐことが求められるため、クリアの時にもロングパスが使われるケースがあります。

 ロングパスは距離が長いため、より正確性が求められます。

プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!《スポーツ業界の求人情報を見る》

【初出】スポジョバ〜スポーツ業界に特化した求人メディアサイト〜

スポジョバは、2019年8月23日にリリースしたばかりのスポーツ業界に特化したマッチングサービスです。スポジョバのサイト内には、スポーツ業界の求人情報を中心としつつ、特集記事やセミナー、イベント情報も掲載します。「スポーツ好きなあなたがスポーツ業界をもっと良くする」をコンセプトに「価値あるスポーツの繋がりを作る」ことをミッションにしています。