SPORTS WORK
- スポーツ業界で働く -

〈野球ポジション解説〉キャッチャーの役割や求められる能力

非常に重要なポジション

キャッチャー(捕手)は、ピッチャーの投げたボールを取る役割を持つポジションです。

プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!《スポーツ業界の求人情報を見る》

野球の他のポジションとは違い、グラウンドを見渡せる向きでピッチャーに正対することから「扇の要」と表現されることもあります。また、投手を支えるという意味から「女房役」、そこから連想されて正捕手のことは「正妻」と呼ばれることがあるポジションです。

キャッチャーは他とは違い、投球やファウルチップが体に当たることが多く、かつクロスプレーなどで身体を故障する可能性が高いポジションです。

そのため、チェストプロテクターやマスク、レガーツやファウルカップなどの防具の着用が認められています。

キャッチャーのポジションでは、左利きの選手は非常に稀です。

野球の競技人口は右打者が多いため、二塁や三塁へ左手で送球する場合は打者が邪魔になり送球しにくくなってしまいます。

また、三塁に送球する時は体をひねる必要がある、本塁へ帰る走者との交錯時には左腕側から走者が突入してくるためタッチが遅れてしまうなど、左利きには圧倒的に不利なポジションなのがキャッチャーです。

プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!《スポーツ業界の求人情報を見る》

【初出】スポジョバ〜スポーツ業界に特化した求人メディアサイト〜

スポジョバは、2019年8月23日にリリースしたばかりのスポーツ業界に特化したマッチングサービスです。スポジョバのサイト内には、スポーツ業界の求人情報を中心としつつ、特集記事やセミナー、イベント情報も掲載します。「スポーツ好きなあなたがスポーツ業界をもっと良くする」をコンセプトに「価値あるスポーツの繋がりを作る」ことをミッションにしています。