SPORTS WORK
- スポーツ業界で働く -

〈野球ポジション解説〉レフトの守備位置や求められる能力とは!?

確実性が求められるポジション

レフトの主な役割は、レフトに飛んできた打球を処理することです。

プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!《スポーツ業界の求人情報を見る》

外野手は後ろに誰もいないため、守備位置を状況に応じて調整し、確実に捕球、そしてその後の送球が必要となります。送球ミスや捕球ミスはランナーに進塁のチャンスを与えてしまうので、確実性がレフトには求められます。

ライトほどはカバーの機会が多くないものの、ショート、サードゴロの際の打球に対してのカバーリングや、セカンド、ファーストが二塁に送球するときのカバーもレフトの役割の一つです。

レフトに求められる能力は「確実な捕球」と「飛球に対しての感覚」です。

レフトの役割は守備範囲に対する捕球がメインになるため、捕球能力が特に重要です。三遊間を抜けてくる強い当たりゴロや強いライナー、レフト線を超えるファウルフライや、高いフライなどの打球をミスなく捕球しなければいけないため、高い捕球能力が必要となります。

また、レフトのポジションでは後ろを抜かれてしまうと大量得点を許す展開となってしまうため、打球に対しての落下地点の予測や、バッターに応じた適切な位置取りが重要となります。

プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!《スポーツ業界の求人情報を見る》

【初出】スポジョバ〜スポーツ業界に特化した求人メディアサイト〜

スポジョバは、2019年8月23日にリリースしたばかりのスポーツ業界に特化したマッチングサービスです。スポジョバのサイト内には、スポーツ業界の求人情報を中心としつつ、特集記事やセミナー、イベント情報も掲載します。「スポーツ好きなあなたがスポーツ業界をもっと良くする」をコンセプトに「価値あるスポーツの繋がりを作る」ことをミッションにしています。