SPORTS WORK
- スポーツ業界で働く -

〈野球ポジション解説〉レフトとライトの役割や能力の違い

レベルが上がるにつれ重要性が変わってくる

レフトと反対の位置を守備しているのが、ライトのポジションです。

レフトとライトは一見似ているポジションのようにも思えますが、野球のレベルによってその重要性は大きく変わってきます。

プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!《スポーツ業界の求人情報を見る》

少年野球や草野球では右打ちバッターが多く、流し打ちができる選手も少ないため、レフトにボールは飛んでくる機会は必然的に多くなります。しかし、高校、大学、プロと野球のレベルが上がるにつれて、左打ちバッターの強い打球や、右打ちバッターのライト方向への狙った打球が多くなるため、ライトの守備の重要性は上がってきます。

また、ライトのポジションはレフトに比べて肩の強さが求められます。

ライトのポジションは三塁までの距離がレフトと比べて遠くなるため、ノーバウンドで三塁まで届けることのできる強靭な肩が求められます。それに加えて正確な送球のコントロール能力も必要とされるポジションです。

それに対してレフトは三塁までの距離が近いため、ライトほどの肩の強さは求められません。

役割がそこまで多くないこと、さらには求められる能力もそこまで高くなく、守備における重要性も少ない故に、レフトには守備があまり上手くないが打撃が得意な選手が配置されることが多いのです。

プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!《スポーツ業界の求人情報を見る》

【初出】スポジョバ〜スポーツ業界に特化した求人メディアサイト〜

スポジョバは、2019年8月23日にリリースしたばかりのスポーツ業界に特化したマッチングサービスです。スポジョバのサイト内には、スポーツ業界の求人情報を中心としつつ、特集記事やセミナー、イベント情報も掲載します。「スポーツ好きなあなたがスポーツ業界をもっと良くする」をコンセプトに「価値あるスポーツの繋がりを作る」ことをミッションにしています。