SPORTS WORK
- スポーツ業界で働く -

〈野球基本解説〉「上位チームと下位チームがどの程度離れているか」を表す「ゲーム差」

「ゲーム差」で上位との差が分かる

プロ野球などでよく聞く「ゲーム差」とは、

「上位チームと下位チームがどの程度離れているか」を表す指標です。

プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!《スポーツ業界の求人情報を見る》

例えば、スポーツニュースで「首位は巨人、2位はゲーム差2で阪神」

というアナウンスがあったと仮定します。この場合、阪神は巨人との直接対決で2連勝すれば追いつきます。もしくは阪神が巨人以外に2連勝し、巨人が阪神以外に2連敗しても同様です。

また、0.5というゲーム差の表記もよくあります。

上記のゲーム差2を0.5に置き換えて考えてみましょう。ゲーム差0.5の状況では、巨人が阪神以外のどこかのチームと引き分けて、阪神が巨人以外のどこかのチームに勝った場合、阪神は追いつきます。

ただし、ゲーム差はあくまでも指標であり、日本のプロ野球では勝率で上回ったチームが順位が上となります。もしも、最終結果で勝率が同じになった場合は、年間の勝利数が多いチームが勝ちとなります。

その為、勝てる試合は勝ち切り、引き分けを減らす方が優勝する可能性は高くなります。

プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!《スポーツ業界の求人情報を見る》

【初出】スポジョバ〜スポーツ業界に特化した求人メディアサイト〜

スポジョバは、2019年8月23日にリリースしたばかりのスポーツ業界に特化したマッチングサービスです。スポジョバのサイト内には、スポーツ業界の求人情報を中心としつつ、特集記事やセミナー、イベント情報も掲載します。「スポーツ好きなあなたがスポーツ業界をもっと良くする」をコンセプトに「価値あるスポーツの繋がりを作る」ことをミッションにしています。