SPORTS WORK
- スポーツ業界で働く -

〈野球基本解説〉首位が2位以下より貯金数が下回るケースなど。マイナスのゲーム差とは!?

シーズンの試合数によっては起こり得る

プロ野球のゲーム差には、稀にマイナスになる場合もあります。

プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!《スポーツ業界の求人情報を見る》

例えば2017年7月2日、パ・リーグで首位楽天が2位ソフトバンクに敗れて、ゲーム差マイナス0.5という珍現象が起きました。

この時、楽天の貯金は21でソフトバンクの貯金は22でした。

しかし、リーグの順位は勝率で決定するため、楽天が首位をキープしたまま、ゲーム差マイナス0.5になったのです。

この時、シーズンの残り試合がソフトバンクに比べて楽天のほうが8試合多く残っていました。

つまり、マイナスのゲーム差を生み出す原因は、引き分けの多さや雨天中止等で試合が延期するといったスケジュールの都合が考えられます。

プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!《スポーツ業界の求人情報を見る》

【初出】スポジョバ〜スポーツ業界に特化した求人メディアサイト〜

スポジョバは、2019年8月23日にリリースしたばかりのスポーツ業界に特化したマッチングサービスです。スポジョバのサイト内には、スポーツ業界の求人情報を中心としつつ、特集記事やセミナー、イベント情報も掲載します。「スポーツ好きなあなたがスポーツ業界をもっと良くする」をコンセプトに「価値あるスポーツの繋がりを作る」ことをミッションにしています。