SPORTS WORK
- スポーツ業界で働く -

〈野球基本解説〉順位とは無関係だが、目安として分かりやすい「ゲーム差」という指標

「ゲーム差」は上位・下位の差が分かりやすい

マイナスのゲーム差を生んでしまうこともあるゲーム差は、厳密に言うと順位には関係がありません。

すなわち、有効ではない指数と言えます。

プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!《スポーツ業界の求人情報を見る》

リーグ順位も、最終的に勝率から計算することを考えると、ゲーム差は一体何のためにあるのでしょうか。

ゲーム差という概念は、メジャーリーグでも取り入れられています。

メジャーでは引き分けが無いため、貯金数と勝率は連動しています。

しかし、日本のプロ野球の場合、引き分けを試合数から除外して勝率を計算するので、ゲーム差は、もはや有効ではない指数になってしまっているのです。

有効でない指数にも関わらず、各ニュースや報道機関でゲーム差が表示されるのは定番となっています。

これはゲーム差が、

「首位のチームがどうやったら逃げ切れるか」

「下位のチームがどれだけ勝てば首位に追いつけるか」

という、おおよその目安として分かりやすいからであると考えられます。

プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!《スポーツ業界の求人情報を見る》

【初出】スポジョバ〜スポーツ業界に特化した求人メディアサイト〜

スポジョバは、2019年8月23日にリリースしたばかりのスポーツ業界に特化したマッチングサービスです。スポジョバのサイト内には、スポーツ業界の求人情報を中心としつつ、特集記事やセミナー、イベント情報も掲載します。「スポーツ好きなあなたがスポーツ業界をもっと良くする」をコンセプトに「価値あるスポーツの繋がりを作る」ことをミッションにしています。