SPORTS WORK
- スポーツ業界で働く -

〈野球基本解説〉ボークを宣告された際のペナルティ

ボークをしたらどんなペナルティー?ランナーの有無に注目!

ボークが宣告された場合、ランナーの有無で対応が異なるので注意が必要です。

プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!《スポーツ業界の求人情報を見る》

〈塁上にランナーがいる場合〉

塁上にいる全てのランナーが1つ先の塁に進む「安全進塁権」が与えられます。

1塁、2塁にランナーがいる場合は進塁、3塁にランナーがいる場合には、ホームベースを踏んで得点になってしまうため、守備側にとって大きなペナルティと言えます。

〈塁上にランナーがいない場合〉

ピッチャーがボークを宣告された場合はペナルティーとして、ボールのカウントが1つ増えます。

すでにボールカウントが3つ溜まっていた場合には、フォアボールとなりバッターが1塁へと進みます。

例外として、ボークと宣告された投球を、

・バッターが打ってヒットにした
・キャッチャーがボールを後ろに逸らしてランナーが進んだ

場合は、ボールカウントもボークのルールも適応されず、そのままゲームを進行します。

プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!《スポーツ業界の求人情報を見る》

【初出】スポジョバ〜スポーツ業界に特化した求人メディアサイト〜

スポジョバは、2019年8月23日にリリースしたばかりのスポーツ業界に特化したマッチングサービスです。スポジョバのサイト内には、スポーツ業界の求人情報を中心としつつ、特集記事やセミナー、イベント情報も掲載します。「スポーツ好きなあなたがスポーツ業界をもっと良くする」をコンセプトに「価値あるスポーツの繋がりを作る」ことをミッションにしています。