SPORTS WORK
- スポーツ業界で働く -

〈野球基本解説〉ボークが宣告されやすいシチュエーション

ボークとは、どんな時に起きやすい?牽制時には注意!? 

 

 ボークは、滅多に宣告されないルールの1つです。多くは牽制というプレーの中で発生します。

 プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!《スポーツ業界の求人情報を見る》

 牽制とは、ランナーのいる塁にピッチャーが送球することです。盗塁を警戒したり、ランナーが塁を離れていた場合にそのままタッチアウトを狙うプレーです。

 この牽制はルールをきちんと把握していないとボークを宣告される場合があります。

 ランナーがいる場合、ピッチャーは軸足でプレートを踏み、セットポジションに入ってから投球動作をスタートさせます。

 セットポジションについてから牽制をする際に、足をプレートから離さずそのままの体勢で牽制球を投げることができます。

 この時、もし牽制球を投げなかった場合はボークが宣告されるためそのまま投げ切りましょう。

 ただし、明らかにピッチャーの投球する方向がバッターに向かっているにも関わらず、急転換して牽制球を投げた場合にはボークが宣告されることもあります。

 これは審判の判断による宣告も多く、日本プロ野球とメジャーリーグでも判断基準がかなり違うため、一概にどれがボークと判断することは難しいです。

 自由な体勢で牽制球を投げる場合には、プレートから1度軸足を外して投げる必要があります。

 プレートから足を外す動作が含まれるため、牽制はやや遅れることになります。

 この場合、セットポジションから外れて牽制を行うので、ボークが宣告される心配はありません。

プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!《スポーツ業界の求人情報を見る》

【初出】スポジョバ〜スポーツ業界に特化した求人メディアサイト〜

スポジョバは、2019年8月23日にリリースしたばかりのスポーツ業界に特化したマッチングサービスです。スポジョバのサイト内には、スポーツ業界の求人情報を中心としつつ、特集記事やセミナー、イベント情報も掲載します。「スポーツ好きなあなたがスポーツ業界をもっと良くする」をコンセプトに「価値あるスポーツの繋がりを作る」ことをミッションにしています。