SPORTS WORK
- スポーツ業界で働く -

〈野球基本解説〉ホールドの権利を得るための条件

ホールドの権利を得るための4つの必須条件とは?場面ごとに異なる?

 

ホールドの権利を得るために必ず満たさなければいけない条件は以下の4つです。

プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!《スポーツ業界の求人情報を見る》

①先発投手、勝利投手、敗戦投手のいずれにも該当せず、セーブも記録していない

②救援投手として登板し、試合終了まで投げていない

③アウトを1つ以上取っている

④降板後、自身に記録された失点によって同点になったり逆転されたりしていない

これら4つの条件は最低限満たしていないといけませんが、さらに試合状況によって満たさなければならない条件があります。

<自チームがリードしている時>

①3点以内のリードで登板し、1回以上を投げてリードしたまま降板する。

②2者連続で本塁打を打たれたら同点もしくは逆転される場面で登板し、1/3回(1アウト)以上投げて、リードしたまま降板する。

この条件は、登板時に塁上にいるランナーの状況によって異なります。

・ランナー無し→ソロHR+ソロHR=2点差以内
・ランナーが1人→2ランHR+ソロHR=3点差以内
・ランナーが2人→3ランHR+ソロHR=4点差以内
・ランナー満塁→満塁HR+ソロHR=5点差以内

それぞれの状況で、1アウト以上投げてリードを守り切ればホールドの権利が得られます!

③点数差に関係なく、3回以上を投げてリードしたまま降板する。

<同点の時>

①同点のまま失点せずに降板する。

②登板中に自チームが勝ち越した時、そのリードを保ったまま降板する。

初めに挙げた4つの条件を満たした上で、これらの条件の内1つを満たせば、ホールドの権利が与えられます。

プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!《スポーツ業界の求人情報を見る》

【初出】スポジョバ〜スポーツ業界に特化した求人メディアサイト〜

スポジョバは、2019年8月23日にリリースしたばかりのスポーツ業界に特化したマッチングサービスです。スポジョバのサイト内には、スポーツ業界の求人情報を中心としつつ、特集記事やセミナー、イベント情報も掲載します。「スポーツ好きなあなたがスポーツ業界をもっと良くする」をコンセプトに「価値あるスポーツの繋がりを作る」ことをミッションにしています。