SPORTS WORK
- スポーツ業界で働く -

〈野球基本解説〉通常とはタイミングをずらして走るディレードスチール

盗塁とは守備側の隙をついて次の塁を盗むこと

1塁から2塁へ、2塁から3塁へという普通の盗塁とは少し違う盗塁もあります。それぞれ名称があります。

プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!《スポーツ業界の求人情報を見る》

①ホームスチール

3塁からホームベースへの盗塁を言います。

相手の野手、特にキャッチャーに気づかれないようにする必要があります。

成功する確率は低いと考えられるのであまり見られることはありません。

②ダブルスチール

1塁と2塁にランナーがいて、それぞれが2塁、3塁に盗塁することを言います。

ダブルスチールの場合、2人のランナーが盗塁に成功しないと盗塁は記録されません。

どちらかが失敗してしまうと、次の塁に進めたとしても「送球間による進塁」とみなされ、盗塁は記録されません。

③ディレードスチール

ディレードスチールはあまり聞いたことがない人も多いと思います。

ディレードスチールは通常のタイミングよりも遅れて走り出す盗塁のことを言います。

投球をし終えた後に走り出したり、キャッチャーからピッチャーにボールを返球する時に走り出したりするので、相手の意表を突くことができます。

キャッチャーがランナーから一瞬目を離した隙に走り出すことで、キャッチャーは慌ててしまい、成功することがあります。

プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!《スポーツ業界の求人情報を見る》

【初出】スポジョバ〜スポーツ業界に特化した求人メディアサイト〜

スポジョバは、2019年8月23日にリリースしたばかりのスポーツ業界に特化したマッチングサービスです。スポジョバのサイト内には、スポーツ業界の求人情報を中心としつつ、特集記事やセミナー、イベント情報も掲載します。「スポーツ好きなあなたがスポーツ業界をもっと良くする」をコンセプトに「価値あるスポーツの繋がりを作る」ことをミッションにしています。