SPORTS WORK
- スポーツ業界で働く -

〈野球基本解説〉暴投やパスボールの際の盗塁は、どう記録される?

走っても盗塁と記録されないケースも

盗塁は基本的にはピッチャーがキャッチャーに投球するときに走り出すことです。

プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!《スポーツ業界の求人情報を見る》

盗塁が記録されない場合については以下のようなものがあります。

①投球をバッターが打った時の進塁

②エラーなどによる進塁

③ボークによる進塁

④他のランナーがアウトになっている間の進塁

などの場合盗塁は記録されません。

暴投やパスボールの場合

では、投手の暴投やパスボールになった場合はどうなるでしょうか。

この場合は、ピッチャーが投げた球がバッターに達する前にランナーが次の塁にスタートしていたら盗塁が記録されます。

もし、暴投したのを確認してからランナーがスタートを切った場合は盗塁と記録されません。

また、投球が大暴投になり、1塁ランナーが3塁まで進めたとします。

この場合は、1塁→2塁は盗塁、2塁→3塁は暴投による進塁と記録されます。

プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!《スポーツ業界の求人情報を見る》

【初出】スポジョバ〜スポーツ業界に特化した求人メディアサイト〜

スポジョバは、2019年8月23日にリリースしたばかりのスポーツ業界に特化したマッチングサービスです。スポジョバのサイト内には、スポーツ業界の求人情報を中心としつつ、特集記事やセミナー、イベント情報も掲載します。「スポーツ好きなあなたがスポーツ業界をもっと良くする」をコンセプトに「価値あるスポーツの繋がりを作る」ことをミッションにしています。