SPORTS WORK
- スポーツ業界で働く -

【野球】野球のFAとは?意味や条件、ポスティングとの違いを徹底解説①

フリーエージェント(FA)とは?分かりやすく解説!

FAとは、フリーエージェント(free agent)の略称で、選手があらゆる球団と選手契約ができる権利のことを指します。

本来は毎年オフシーズンになると、自分の所属球団と来季の年俸を決め、契約を進めます。

しかし、FA権を獲得して行使すると、他球団とも契約交渉をすることができるようになります。

では、FA権を行使するメリット・デメリットについて簡単に紹介します。

<メリット>

・その選手が憧れていた球団、自分が親しみのある地元球団、優勝を狙える可能性がある球団に移籍するチャンスが生まれる。

・複数年契約(3年総額10億円など)により、不安定なプロ野球人生を安定して過ごすことができる。

・FA権を行使すると、元々所属していた球団とも相対的な市場価値と複数年契約で交渉をすることができるため、自分に有利になる可能性が高い。

<デメリット>

・契約年俸の上限は昨年の年俸になるため、年単位でみると年俸のアップは見込めない(FA権を行使せず、同じ球団で今まで通り交渉をすればアップする可能性はある)

・その選手の獲得にどの球団も名乗りださなかった場合は、事実上自由契約となるため、最悪次のシーズンはプロ野球選手ではなくなる可能性がある。

そして、このような人生の転機ともなり得るFA権を獲得するには、145日以上1軍登録されているシーズンを8シーズン(8年)迎える必要があります。

145日以上の試合出場ではなく1軍登録なので、代打の切り札をはじめとした控え選手も、FA権を獲得するチャンスはあります。

逆に、どんなに一流プレイヤーでも、ケガでシーズンの半分以上を1軍から離脱してしまうと、そのシーズンはFA権獲得のシーズンにカウントされません。

また、FA権を行使した選手には推定ランクが存在します。

推定ランクは、外国人選手を除いた日本人選手のチーム内の年俸順で決まります。

そしてこのランクは、FAでの移籍先の球団から移籍前の球団に対する補償内容を左右します。

Aランク・・・チーム内上位3位

補償内容

移籍選手の昨年の年俸の80%の金銭 or 人的補償選手+移籍選手の昨年の年俸の50%の金銭

Bランク・・・チーム内4位~10位

補償内容

移籍選手の昨年の年俸の60%の金銭 or 人的補償選手+移籍選手の昨年の年俸の40%の金銭

Cランク・・・チーム内11位以下

補償内容

特になし

ここで記述した人的補償選手とは、FA権を行使した選手の元球団が、移籍先の球団から選手を1人選んで獲得することができるシステムとなっています。

ただし、移籍先の球団には「プロテクト」と言って、元球団に獲得されたくない選手を一定数選ぶことができ、元球団はプロテクトに含まれなかった選手の中から選ぶことができます(外国人選手は選択不可)。

【初出】スポジョバ〜スポーツ業界に特化した求人メディアサイト〜

スポジョバは、2019年8月23日にリリースしたスポーツ業界に特化したマッチングサービスです。スポジョバのサイト内には、スポーツ業界の求人情報を中心としつつ、特集記事やセミナー、イベント情報も掲載します。「スポーツ好きなあなたがスポーツ業界をもっと良くする」をコンセプトに「価値あるスポーツの繋がりを作る」ことをミッションにしています。

今浪隆博さんと学ぶ女性のためのマネーセミナー