SPORTS WORK
- スポーツ業界で働く -

【スポーツを仕事に】「競技スキー専門店で知識ゼロからのスタート」Part③

スキー・スノボ用品ショップの聖地、東京神田。同業店舗がひしめく中で、神田だけでも5店舗を展開するのが株式会社カンダハ―。1987年創業の老舗です。そのコンセプトは「かたくなにレーシング」。競技スキー、特にアルペン競技用品を専門的に扱っている会社です。

スポーツ業界の現場で働ける求人情報多数掲載中!《スポーツ業界の求人情報を見る》

店舗にお邪魔すると、普段レジャースキーでは目にしないスキー用品がズラリ!!そんな専門的なお店だなんて、よっぽど専門知識がないと・・・と思いきや、ウェア店で働く野間雅美さんは、アルペン競技の知識はゼロで入社したのだとか!お客様から刺激を受けながら楽しく働く野間さんに、お話を伺いました。

求ム!カンダハーファミリー!知識はゼロからでも

ーーお話を伺っていると、競技用でターゲットを絞っているからこそ一人ひとりのお客様にしっかり向き合えている感じがしました。

野間:そうですね。大手の量販店だとお客様が沢山いらっしゃって一人ひとり見るのが難しくなるとは思うのですが、小さいお店だからこそ一人ひとりのお客様としっかり対話をしてお顔を覚えた上で販売できるのはカンダハーの魅力だと思います。

ーーこれから入社してくれる方には、どんな事が必要になりますか?

野間:一番必要なのはヤル気ですかね!後はお客様と話すのが好きであれば!私もそうだったのですが、全く関わった事のない競技の専門店で、最初は不安でも、しっかりと先輩が教えてくれるので知識はゼロスタートでも大丈夫です!

ーーちなみに社長はどんな方ですか?

野間:いち家族として私たち社員を見てくれている感じがします。以前、私が体調を崩して1ヶ月程、仕事を休んだ時に、社長も社長の奥様も気にかけて下さって…!よく声をかけて下さいますし、他の会社の社長よりも近い存在だと思います。社員同士も店舗が違ってもよく顔を合わせますし、仲が良いですよ。

ーーまさにカンダハーファミリーですね!最後に、野間さん自身の目標を教えて下さい。

野間:今まで通り学生さん達をサポートしていきたいです。後、カンダハーってそれぞれの店舗にスペシャリストがいるんです。K-VILLAGEなら山スキーに詳しい人、本店ならアルペンスキーに詳しい人といった感じで。私はメインがウェアなので、その分野では誰にも負けない知識をつけていきたいなと思っています。

【PROFILE】
野間 雅美(のま・まさみ)
1988年生まれ、神奈川県座間市出身。中学・高校とソフトボール部。日本体育大学進学後は軟式野球に転向。現役時代のポジションはレフト。フィールドネームは「まちゃ」。大学卒業後は運送会社、介護系会社などを経てカンダハ―に入社。最近はアニメ「鬼滅の刃」にハマる。好きなキャラクターは竈門炭治朗。

【初出】スポジョバ〜スポーツ業界に特化した求人メディアサイト〜

スポジョバは、2019年8月23日にリリースしたスポーツ業界に特化したマッチングサービスです。スポジョバのサイト内には、スポーツ業界の求人情報を中心としつつ、特集記事やセミナー、イベント情報も掲載します。「スポーツ好きなあなたがスポーツ業界をもっと良くする」をコンセプトに「価値あるスポーツの繋がりを作る」ことをミッションにしています。