SPORTS WORK
- スポーツ業界で働く -

【スポーツを仕事に】「新聞配達員から第一線のスポーツライターへ」Part①

スポーツの魅力を多くの人々に届けるーーーそんな役割を担うのが、メディアの仕事。 今回は、その中でも「スポーツライター」にスポットを当てたインタビューをお送りします。お会いしたのは「東洋経済オンライン」「スポルティーバ」など、数々の著名メディアで執筆をするスポーツライター、佐藤主祥さん(28歳)。

スポーツ業界の現場で働ける求人情報多数掲載中!《スポーツ業界の求人情報を見る》

高校卒業後、新聞配達員を経てライターに転身した異色の経歴の持ち主です。出版社や編集社へ入社せず、最初からフリーランスとしてスタートを切った佐藤さん。どうして第一線で活躍するまでに成長できたのか?新聞配達の仕事で培った能力とは?その答えはただ一つ、「継続力」でした。

スタンスは「冷静と情熱のあいだ」。スポーツライターの仕事の醍醐味

ーースポーツライターは、「書く」だけでなく色んなことを担当しますよね。

佐藤:まずインタビューや取材をして、そのあと撮影もしますし、執筆後の編集も基本的に1人で行っています。スポーツに関してはオールジャンルで書いていますね。最近は卓球が多いですが、野球やサッカー、バスケ、3x3(3人制バスケ)、格闘技、アメフト、フットサル、陸上、パラスポーツ、eスポーツ…幅広く担当させてもらっています。

ーー本当に幅広いですね!それだけ分野があると、知識を身に着けるのも大変そうです。

佐藤:もちろん勉強してから臨みますが、1つ1つ取材をこなしていくことで勉強になっています。逆にその競技や選手についてあまり知らない読者の方に対して、同じ目線で噛み砕いて書けるというメリットもあるんですよ。経験を積み重ねながら、自分自身も知識を深めています。もちろんコア層向けの記事も担当するので、企画に応じて書き分けています。

ーースポーツライターは、一流の選手の話を直接聞けたり感動の場面に立ち会えるなど、やりがいが大きい仕事だと思います。

佐藤:雲の上の存在だった選手たちと普通に1時間や2時間話せるというのは、本当に貴重だなと改めて思います。僕はすごく野球が好きだったので、野球選手や解説者の方を取材し始めた当初は緊張が全然拭えなかったのを覚えていますね。あとは自分自身が卓球をやっていたということもあって、去年水谷隼選手の独占インタビューを担当した時のことも忘れられません。

ーーそれは印象に残りますね。

佐藤:僕もライターとしてのキャリアは積み上げてきてはいますが、久々に緊張しましたね。インタビュー後の写真撮影では卓球台で水谷選手に構えてもらったんですけど、そのオーラがすごくて圧倒されたんですよ。「うぉー」って背筋が伸びるような感覚でした。ライターという立場上、冷静さは保たないといけないですけど、「当たり前」ではなく初心を忘れないでいたいとは思っています。

ーー私は記事を書くとき、「タイトルから考える」というのがこだわりなのですが、佐藤さんはいかがですか。

佐藤:いろいろスタイルがありますが、僕は本文を先に書いてタイトルは最後ですね。そして記事を書く上で大切にしているのは、「選手の伝えたいことをしっかり汲み取って、それを軸に組み立てていく」ということです。一本筋が通っていないと物語としてバラバラになるので、ちょっとでも違和感を感じたら何回でも修正して、ある程度納得できてから納品するというのは心がけています。

Part②に続く

【PROFILE】
佐藤主祥(さとう・かずよし)
1991年、宮城県生まれ。東京スクール・オブ・ビジネス卒業。中学から11年間新聞配達を続けたのち、スポーツライターに転身。スポーツをオールジャンルで取材。「東洋経済ONLINE」、「スポルティーバ」、「Rallys」、「KING GEAR」、「アントレSTYLE MAGAZINE」、「アルペングループマガジン」、「GATHER」等で執筆中。大のジャイアンツファン。菊池雄星・筒香嘉智世代。

【初出】スポジョバ〜スポーツ業界に特化した求人メディアサイト〜

スポジョバは、2019年8月23日にリリースしたスポーツ業界に特化したマッチングサービスです。スポジョバのサイト内には、スポーツ業界の求人情報を中心としつつ、特集記事やセミナー、イベント情報も掲載します。「スポーツ好きなあなたがスポーツ業界をもっと良くする」をコンセプトに「価値あるスポーツの繋がりを作る」ことをミッションにしています。