SPORTS WORK
- スポーツ業界で働く -

【スポーツを仕事に】「元アメフト選手の心の健康をオンラインで繋ぐアイディアとは」Part①

様々なスポーツの協会事務局がひしめき合う「ジャパン・スポーツ・オリンピック・スクエア」。新国立競技場の目の前にあり、2019年に完成したばかりの真新しい施設です。そのビルのオープンスペースで爽やかな笑顔で取材に応えてくれたのは、日本社会人アメリカンフットボール協会、通称Xリーグの今井善教さん(39歳)。

アメリカンフットボールの日本一を決めるライスボウルで富士通フロンティアーズが初優勝を決めた時に主将も務めていた、元選手でもあります。今は事業部に所属して、愛するフットボールの普及のために奔走する毎日。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、2020年は春シーズンの開幕が叶わなかったXリーグ。そんな中でXリーグが始めた様々なオンラインのコンテンツ。事業部メンバーで議論を重ね出てきたアイディアから始まったものだそう。一体どんな内容なのか、その奥にある思いも伺いました。

ルール説明会にトーク番組…まず取り組んだのは、126人が一斉に行うオンラインラジオ体操。

――富士通フロンティアーズで主将も務められ、アメフトの選手であった今井さん。取材されるのは久しぶりですか。

今井:はい!引退してからは初めてになります。

ーーそれは光栄です!今日は選手としてではなくXリーグのスタッフという形でのインタビューになります。まずはこのコロナ禍で始められたオンラインの取組みについて伺いたいのですが。

今井:そうですね。4つありまして、オンラインラジオ体操、オンラインルール説明会、アメフトークスタンドというトーク番組、後、アメフトファンウォ-クというのも7月末から始めました。

ーーどれも気になる響き…!それぞれ具体的に教えてください。

今井:はい。この中で一番最初に取組み始めたのがオンラインラジオ体操。ZOOMを使って行うのですが、申し込みさえすれば誰でも参加出来て、選手も参加します。初日は12人程だったのですが、自粛期間中は最大で 126人の方が参加してくれました。好評だったので、その次に始めたのがルール説明会です。もともと昨シーズンから対面でのルール説明会をやっていたので、これもオンラインで出来るよねってなって。

ーーオンラインの講義みたいな感じですかね。先生は誰がやるんですか?

今井:講師は私です!選手時代に会社の人にアメフト見に来てくださいって言っても「アメフトってルール難しいよね」って言われることが多くて…。最近だと「ラグビーとどう違うんですか」とか(笑)。そこで始めた取組みなのですが、時間は50分で、これに来てもらえれば試合の流れがわかるって言うような内容で、0からしっかり説明します!

ーー元選手の今井さんに教えてもらえるのは貴重な機会ですね!3つ目のトーク番組も今井さんが出ているんでしょうか。

今井:私は補佐として出ています(笑)。最初は私と、協会の他の人間と2人でやっていたのですが、今はゲストという形で選手+Xリーグを支える方々(Xファミリー)を呼んでやっています。そこで選手の生き方とか考え方を話してもらったりして、参加者からは質問を受け付けてQ&A形式になっています。最後に始めたアメフトファンウォークは、それぞれが自分の近所を散歩しながらゴミ拾いをして、それをZOOMで繋いで互いに自分の街のいいところを紹介しあうっていう感じです。これも、もともと昨シーズンまで、試合の日に駅からスタジアムまでみんなで一緒に歩きながらゴミ拾いをしていて、それをオンラインにした形です。

Part②へ続く

【PROFILE】
今井善教(いまい・よしのり)
1981年2月14日生まれ。京都府出身。立命館宇治でアメフトを始め、立命館大学に進学。卒業後は富士通に入社し、富士通フロンティアーズで活躍。現役時代のポジションはDB(ディフェンスバック)。2017年に選手を引退し、富士通で働くが、Xリーグのリーグ編成改革に伴い、2018年8月からⅩリーグに出向。事業部副部長として手腕を発揮。趣味は読書とウォーキング。最近、読んだ本は「自己肯定感で子どもが伸びる」。

【初出】スポジョバ〜スポーツ業界に特化した求人メディアサイト〜

スポジョバは、2019年8月23日にリリースしたスポーツ業界に特化したマッチングサービスです。スポジョバのサイト内には、スポーツ業界の求人情報を中心としつつ、特集記事やセミナー、イベント情報も掲載します。「スポーツ好きなあなたがスポーツ業界をもっと良くする」をコンセプトに「価値あるスポーツの繋がりを作る」ことをミッションにしています。