SPORTS WORK
- スポーツ業界で働く -

【スポーツを仕事に】「B.LEAGUEのチーム運営スタッフという仕事」Part①

自分の好きなスポーツに関われて、プロ選手と一緒に仕事が出来る・・・そんなイメージは出来ても、実際、具体的にはどんな業務を行っているのでしょうか。

北海道にあるB.LEAGUEの「レバンガ北海道」のスタッフ、由田拓己さん(33歳)にお話を伺いました。

運営スタッフの仕事内容。選手がギャルに?!

ーー由田さんがレバンガ北海道に入社したのは2016年。ちょうどB.LEAGUE元年ですね!

由田:はい。もともと高校までバスケをやっていてNBAを見るのが好きなバスケ好きだったんです。そんな中でのB.LEAGUE開幕は私の中でもちょっと衝撃で。あぁこれから日本のバスケが変わっていくんだなぁと思いました。20代後半になってライフスタイルや趣味趣向が変化する中でも、自分の変わらず好きな物ってバスケだという事にも改めて気が付いて。当時は不動産の営業をやっていたんですが、レバンガ北海道の求人を見つけて、そこに僕も入りたい!と思いました。

ーーそんなバスケ愛と、前職のイベント会社での経験が買われて入社が叶った由田さん。今はどんな業務をされていますか?

由田:ゲームオペレーションディビジョンという部署に属しています。訳すと試合運営の部署なんですけど、試合運営に関わる事、試合のイベントに関わる事なんでもやります!って感じです。ハーフタイムや会場内のブースの企画、来場して頂くためのイベントだったりを外部のイベント会社や代理店の方と一緒に企画して進めています。面白いものだと過去に「ギャル割」なんてイベントもやりました(笑)

ーー「ギャル割」?!

由田:サンロッカーズ渋谷というチームをホームに迎える時の企画会議で、渋谷ならギャルでしょう!となりまして。まぁこの時点でアイディアがおじさんなんですけど(笑)現役のギャル、もしくは元ギャルは自由席を先着100名109円にしたんです。値段もSHIBUYA109にちなんでいます。後、選手の写真もギャルに加工して展示して、受付の子にはギャルの恰好をしてもらいました(笑)

ーーなんともユニークな企画ですね(笑)

由田:この企画の肝は、元ギャルもOKにした事なんです。元ギャルの方には証拠として当時の写真やプリクラをお持ち頂いたんですけど、それをご家族やご友人の前で披露する。そうすると受付で「えーっ昔こんなだったのー?」「やだもー」みたいなやり取りが生まれて。それがすごく楽しそうだったんですよね。そのままそんな会話をしながら会場に入っていく。全くバスケとは関係ないけれど、試合会場に来た事でバスケとはまた違うプラスαの楽しさが生まれている。新しいコミュニケ―ションが生まれている。そういった展開をもっと起こしていきたいですね。

Part②へ続く

【PROFILE】
由田 拓己(よしだ・たくみ)
1987年北海道札幌市生まれ。高校までバスケットボール部に所属。イベント運営会社勤務、不動産営業を経て、B.LEAGUE元年の2016年11月にレバンガ北海道に入社。試合運営やイベント運営など幅広い業務を担当。

【初出】スポジョバ〜スポーツ業界に特化した求人メディアサイト〜

スポジョバは、2019年8月23日にリリースしたスポーツ業界に特化したマッチングサービスです。スポジョバのサイト内には、スポーツ業界の求人情報を中心としつつ、特集記事やセミナー、イベント情報も掲載します。「スポーツ好きなあなたがスポーツ業界をもっと良くする」をコンセプトに「価値あるスポーツの繋がりを作る」ことをミッションにしています。