SPORTS WORK
- スポーツ業界で働く -

【スポーツを仕事に】「人気ウェルネスベンチャーが成長する理由」Part①

数あるウェルネス系ベンチャー企業の中で今、大注目なのが「株式会社TENTIAL」。設立2年ながら、世界的経済誌の日本版「Forbes JAPAN」のプロジェクトに選出されるなど、存在感を光らせています。

事業内容はスポーツメディア「SPOSHIRU」の運営と、D2C(メーカーが直接消費者に販売する形態)による独自のブランド「TENTIAL」の展開。今回は、若き事業部長・石川朝貴さん(24歳)にインタビューしました。会社が成長しているヒミツと仕事への原動力、求める人物像とは?そこには、社員たちに共通する熱い思いがありました。自分の好きなスポーツに関われて、プロ選手と一緒に仕事が出来る・・・そんなイメージは出来ても、実際、具体的にはどんな業務を行っているのでしょうか。

100人のライターをマネジメント!?メディア事業の舞台ウラ

ーー石川さんは2つの事業の両方を見ていますが、このうち担当されている「メディア事業統括マネージャー」についてのお話をメインに伺いたいです。

石川:「SPOSHIRU」はスポーツの情報格差をなくすことをコンセプトに立ち上げたメディアで、トップアスリートだけでなくスポーツ初心者の方にもトレーニング方法や用品などについて情報を提供し続けています。僕の仕事はメンバーのディレクションや、外部ライターのマネジメントです。実はライターは100名くらいいるんですよ。

ーー100人も!

石川:「コンスタントに」「大量に」「質のいい」コンテンツを出していきたいということで、たくさんのライターさんに協力してもらっています。そういったライターの方々に記事を発注して納品された記事を確認したり、KPI(目標達成のための指標)の策定をしたりしていますね。どういう戦略でどうやって売上を上げていくか。それを基本的に僕が考えてメンバーに落としこんでいるんです。

ーー実際に、サイトの数値も順調なようですね。

石川:訪れる数は、月間100万UU(ページに訪れるユーザーの数)くらいです。SEO(サイトそのものが検索上位に来るよう作る記事)に弊社が強みを持っているので、メディアの立ち上げから徹底して行ってきたのが結果につながっていますね。SPOSHIRUからインソールがすごく売れて、それならば自分たちが作ってユーザーに届けられればいいのではないかという思いから、オリジナルD2Cブランド「TENTIAL INSOLE」が生まれたという背景もあります。

「上には上がいる」。社員たちの挫折経験と向上心が成長の理由

ーー石川さんは、現在社会人3年目。どうしてベンチャー企業に参画したのですか。

石川:大学4年の時に僕が就活イベントの運営をした経験があるんですけど、そこに今の代表取締役の中西裕太郎が来ていたのが出会いです。僕も経営について興味があったし、中西もスポーツについての熱い思いを語っていたので意気投合し、おととしの2月に「株式会社TENTIAL」を設立しました。実は僕、卒業後にいったん大手新聞社に就職したんですけど、3ヶ月で辞めて戻ってきてるんですよ。

ーー3ヶ月で?!

石川:当時は大手企業で2~3年やろうと思っていました。大学卒業後もTENTIALとは関わりがあったんですけど、その中で「新しい挑戦がしたい」という想いが強くなって。中西のラブコールもあって戻ってきたんです。でも短いとはいえ、研修などで社会人としての基礎やマナーをしっかり学ばせていただいたので、お世話になった新聞社には感謝しています。

ーー元々ベンチャー企業には興味があったのでしょうか。

石川:ベンチャーというよりは、経営に興味はありましたね。僕は高校までJFAアカデミー福島というクラブチームでサッカーをやっていて、本気でプロ選手を目指していたんですよ。でも夢を叶えていく仲間も多い中、自分はなれなかった。「サッカーではプロになれなかったけど、仕事で一流になって見返したい」というのが、原動力なんです。彼らの活躍には刺激をもらっていますね。

ーーTENTIALには、トップレベルで活躍しながらも悔しい思いをした経験のある社員が多いと聞きました。

石川:バスケットボール大学日本代表だったり、シンガポールに行ってサッカーを頑張っていたけど日本でプロにはなれなかったという社員がいます。彼らや僕に共通するのは、「上には上がいる」という思いを経験したこと。それが熱量につながっているのだと感じます。また弊社にはプロ経験者もいて、元Jリーガーの播戸竜二さんなどにも参画いただいています。仕事の生産性を上げるための意識がすごくて、プロから勉強させてもらうこともたくさんありますね。

ーーこんなにトップレベルのアスリートが集まっている会社ってなかなかないんじゃないですか。

石川:確かにあまりないかもしれませんね。体育会系のゴリゴリしたイメージや、「営業しかできない」のようなイメージを払拭したいので、「ITの力を生かしてこんなことができるんだぞ」というのを社会に見せたいというのは核として持っています。

Part②へ続く

【PROFILE】
石川朝貴(いしかわ・ともき)
1995年生まれ、栃木県出身。クラブチーム「JFAアカデミー福島」でサッカーに打ち込み、プロを目指していた。大学4年時から株式会社TENTIALの立ち上げに参画。毎日新聞社へ新卒入社も3ヶ月で退職し、再びTENTIALへ参画。現在はスポーツプラットフォーム『SPOSHIRU』の事業統括とD2Cブランドのマーケティングを担当。元U-14日本代表。

【初出】スポジョバ〜スポーツ業界に特化した求人メディアサイト〜

スポジョバは、2019年8月23日にリリースしたスポーツ業界に特化したマッチングサービスです。スポジョバのサイト内には、スポーツ業界の求人情報を中心としつつ、特集記事やセミナー、イベント情報も掲載します。「スポーツ好きなあなたがスポーツ業界をもっと良くする」をコンセプトに「価値あるスポーツの繋がりを作る」ことをミッションにしています。