LOVE SPORTS

六識を加えた「十八界」すべてがない【般若心経】

Text:宮坂宥洪

無眼界乃至無意識界(むげんかい ないしむいしきかい)

ここまで述べた〈私〉の根拠としての十二処は、「眼・耳・鼻・舌・身・意」の六根(六つの感覚)、及び「色・声・香・味・触・法」の六境(感覚の対象)でした。実は、諸法の研究者たちが〈私〉の根拠としたものには、さらに六つの要素がありました。

 

それは、「六根が六境を認識する作用」で、「六識(ろくしき)」と呼ばれます。六根・六境の十二処に、六識を加えたものを「十八界(じゅうはちかい)」といいます。「界」も「処」と同じく、原語に照らすと「〈私〉の根拠」を意味する言葉です。般若心経は、この六識にも言及しています。

人間の感覚など遥かに超えた境地がある

 

六識とは「眼識・耳識・鼻識・舌識・身識・意識」の六つです。十八界としてとらえるときには、六根・六境の十二処を含め、すべてに「界」をつけて表します。    要は人間の感覚とその対象、認識作用は、次のように列挙できるわけです。

「眼界・耳界・鼻界・舌界・身界・意界・色界・声界・香界・味界・触界・法界・眼識界・耳識界・鼻識界・舌識界・身識界・意識界」

般若心経のこの部分は、右の「十八界」がわかっている前提で述べられています。「乃至」とは「間のものを省略する」という意味の言葉です。つまり、右に列挙した「眼界から(間のものを含めた)意識界まで」、すべてが「ない」と述べているわけです。前項で述べたとおり、感覚のないつまらない世界という意味ではなく、人間の感覚など遥かに超えた境地があることを語っているのです。

【出典】『眠れなくなるほど面白い 図解 般若心経』
著:宮坂宥洪 日本文芸社刊

執筆者プロフィール
真言宗の僧、仏教学者。1950年、長野県岡谷市生まれ。高野山大学仏教学科卒。名古屋大学大学院在学中、文部省国際交流制度でインド・プネー大学に留学し、哲学博士の学位取得。岡谷市の真言宗智山派照光寺住職。

今、人気の空海(真言宗)をはじめ、最澄の天台宗、臨済宗、曹洞宗で読まれている「般若心経」。写経を中心に長く人気を博している般若心経だが、まだまだ「難しい」「よくわからない」といったイメージを持たれることも多い。今回は、現代語訳をしっかりと解説しつつも、私たちの実生活と結びつけながら、その思想や意図するところをわかりやすく解き明かしていく。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内