LOVE SPORTS

  • HOME
  • 書籍
  • 傘が家に邪気を持ち込む原因に?!先端が鋭利な形の傘を収納する際に気を付けたい事とは?【ヤバい風水】

傘が家に邪気を持ち込む原因に?!先端が鋭利な形の傘を収納する際に気を付けたい事とは?【ヤバい風水】

Text:愛新覚羅ゆうはん

ヤバい!玄関に傘を出しっぱなしにしている【ヤバい風水】

 先端が鋭利な形になっていて、邪気を家に持ち込む原因にもなる傘は「陰」の気を発しやすいものです。一番よいのは帰宅したときに傘の水分を拭き取って片付けることですが、面倒なので傘立てを置いているお宅が多いと思います。傘立てに置く場合、傘の先端が見えるスケルトンタイプの傘立てはNG。ボックス式など尖った傘の先が隠れる傘立てに収納します。傘はなるべく必要最低限の本数にすることも大切です。

ヤバい!玄関に傘を出しっぱなしにしている【ヤバい風水】

【出典】『眠れなくなるほど面白い 図解 ヤバい風水』
著者:愛新覚羅ゆうはん  日本文芸社刊

執筆者プロフィール
開運ライフスタイルアドバイザー (占い・風水)、作家、デザイナー 中国黒龍江省ハルビン生まれ。映画「ラスト・エンペラー」で知られる清朝の皇帝・愛新覚羅一族の流れをくむ。5歳のときに来日し、桑沢デザイン研究所を卒業後、北京大学に留学。帰国後は、アパレル企業の広報宣伝などを経て、幼少期から備わっていた透視能力に加えタロットや占星術なども生かし占い・風水師としても活動。当初鑑定していた医療・教育関係の間で話題となり、15年で延べ2万人以上を鑑定(2019年時点)。文章を書くのが好きで執筆活動にも勤しみ、デザイナーとしてのプロデュース開運アパレルブランド『Ryujyu~龍樹~』や、2021年より陶芸上絵付け作家として『水鏡~MIKKAMI~ 』も手がけるなど、多岐にわたって活動している。


占いや風水本によく見られる「現在の住まいでは不可能な対策」や「大移動や大改築を必要とする方位学」など、いずれも現実的にはとても困難な開運術ばかり…。せっかく本を買ったのに、これでは実践できない…そんな悩みや不満の声を多く聞いていた著者の愛新覚羅ゆうはん氏による超実践的且つ身近なリーズナブルなもので開運にチャレンジできる、多くの人にやったほうがイイとおすすめできる開運テクニックを凝縮した一冊。金運、恋愛運、健康運など運別の章立てで、ご自身の求めるところから読める作りとなっており、さらに部屋や場所別で様々な開運テクを紹介することで日常生活にリンクしやすくなっている。そして、書名にある通り、本書は図解(≒イラスト)を多用し、幅広い方の読みやすさを重視し、専門用語を控えた文章となっており、忙しい毎日でも簡単に読める一冊でもある。本書で紹介する内容はどなたでも今日から実践できる開運テクニックとなるため、占いや風水の中上級者の方には物足りなさがあるかもしれないが、本書を見ることで、占いや風水の基本を理解し実践できているかの確認書としてもご活用いただけるかもしれない。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内