LOVE SPORTS

すごい大変そうな自衛隊はどれくらいお金をもらっている?気になるあの職業の平均給料とは【職業と給料の話】

Text:高田晃一

海上自衛官 平均年収:640万

防衛省の期間の1つである海上自衛隊。佐官クラスになると、1等海佐が給与40万円~55万円。尉官クラスでは1等海尉が26万~45万円。下級士官クラスだと、海曹長が22万~43万円、海士長が17万~23万円と階級によって様々。海曹に昇進できない場合は解任になる。

航空自衛隊 平均年収:640万

空から国を守る航空自衛官。自衛官候補生として入隊後、最初に与えられる階級は2等空士で給与は16万円だが、昇給試験を経て空曹ランクまで行くと給与は一気に約30万円となる。幹部クラスの空佐や空将は昇格自体が狭き門であることもあり、40万円~70万円程の給与が与えられる。

労働基準監督官 平均年収:552万

定められた労働条件や環境が整っているか確認する労働基準監督官になるためには、採用試験に高得点で合格する必要がある。採用後は全国転勤は必須だが年齢とともに30万、40万と給与は上がっていき、実績が認められれば労働局長や労働基準監督署長への昇格も夢ではない。

税関職員 平均年収:480万

関税を決定し、国際的な交渉を行う税関職員は、おおまかに総合職と一般職に分かれ、幹部候補となる総合職員は全体のわずか2%。ほとんどの税関職員は一般職の職員であり、給与も一般的であると言えるが、総合職の職員となり幹部となれば年収が1000万円を超えることもある。

出典:『眠れなくなるほど面白い 図解 職業と給料の話』

【書誌情報】
『図解 職業と給料の話』
著者:高田晃一

「あの人はどれくらい稼いでいるの?」「不況でも安定して働ける職業は?」「稼げる職業とは?」国家公務員、警察官、YouTuber、インスタグラマー、新聞記者、Webデザイナー、弁護士、介護福祉士、歯科医師、美容師、料理人、プロスポーツ選手ーーさまざまな職業のリアルと給料を知ることで、あなたのキャリアと将来が見えてくる!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内