LOVE SPORTS

クリエイティブ系の仕事はやっぱり高給取り?TVプロデューサー/芸能マネージャー/放送作家/漫画家の年収とは?【職業と給料の話】

Text:高田晃一

芸能マネージャー 平均年収:320万

芸能人の魅力を最大限に引き出す環境を整えることが仕事である芸能マネージャーは、ハードな業務をこなす体力や精神力が求められる。激務の割には一般的な給与に比べると額は少なく厳しいことには変わりないが、担当するタレントの人気次第では給与も上がっていくやりがいのある仕事だ。

TVプロデューサー 平均年収:990万

テレビが放送されるまでのすべてを統括する責任者であるTV プロデューサー。倍率が高いテレビ局への入社を果たしてもプロデューサーに昇進するまでの過程は非常に険しい道のりとなる。しかし、その分平均給与は80万を超えるなど高い水準であり、夢のある仕事となっている。

漫画家 平均年収:636万

漫画誌で連載を持つことができて初めて収入を得ることが可能になる。連載を持つためには編集者や世間の目に留まるような作品を生み出す必要がある。漫画家の平均給与は何歳であっても53万円程。高く見えるが、そこにたどり着くまでの道のりは険しく、一握りの人しかなれないのが現状だ。

放送作家 平均年収:350万

放送作家は、SNS 文化の発達により活躍の場を広げている。しかし、この仕事で食べていける人は一握り。基本的に多くの依頼は人気作家に偏ることから、平均給与は25万円程度。成功すれば年収億越えも夢ではないが昼夜問わず執筆活動を続けなくてはいけないため、ハードな職となっている。

出典:『眠れなくなるほど面白い 図解 職業と給料の話』

【書誌情報】
『図解 職業と給料の話』
著者:高田晃一

「あの人はどれくらい稼いでいるの?」「不況でも安定して働ける職業は?」「稼げる職業とは?」国家公務員、警察官、YouTuber、インスタグラマー、新聞記者、Webデザイナー、弁護士、介護福祉士、歯科医師、美容師、料理人、プロスポーツ選手ーーさまざまな職業のリアルと給料を知ることで、あなたのキャリアと将来が見えてくる!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内