LOVE SPORTS

測量士/建築士/宅地建物取引士/通関士の中で一番年収が多い仕事とは?【職業と給料の話】

Text:高田晃一

測量士 平均年収:360万円

工事予定地の正確な位置や面積などを培った技術を駆使して測定する仕事。測量にミスがあると工事全体の予定が狂い、安全面において問題が生じることもある。主に、実績や勤務態度で昇給を決める会社が多く、平均月収は35万円。ほかの職種に比べるとボーナスが多い。

建築士 平均年収:500万

建築基準法に基づいて建物の設計を行う。建築士にも階級があり、1級建築士になるためには2級建築士としての経験を積み、試験に合格しなければならない。月収は勤続年数に応じて少しずつ増えていく。初任給は24万円程だが、40代になると45~50万円の給与が期待できる。

宅地建物取引士 平均年収:480万

不動産の売買や賃貸の仲介などを行う宅地建物取引士になるためには、資格が必要となる。不動産会社に入社する際、資格の取得が入社条件となっている会社も多い。初任給は20万円を切るが、経験を積み、営業スキル等も身につけば成績次第で年収1000万円を目指すことも可能。

通関士 平均年収:540万

物品を輸出入したい顧客からの依頼を受け、代理で通関業務を行う仕事。グローバルな活躍も期待でき、今後はさらに貿易実務の専門家として需要が高まるとされている。平均月収は38万円。しかし、勤務先や年数、スキルや実績によっては年収に700万円程の差が生まれることも。

出典:『眠れなくなるほど面白い 図解 職業と給料の話』

【書誌情報】
『図解 職業と給料の話』
著者:高田晃一

「あの人はどれくらい稼いでいるの?」「不況でも安定して働ける職業は?」「稼げる職業とは?」国家公務員、警察官、YouTuber、インスタグラマー、新聞記者、Webデザイナー、弁護士、介護福祉士、歯科医師、美容師、料理人、プロスポーツ選手ーーさまざまな職業のリアルと給料を知ることで、あなたのキャリアと将来が見えてくる!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内