LOVE SPORTS

今日からすぐに使える!自分のイメージをアップさせる「色彩効果」と「ギャップ効果」とは?【ヤバい心理学】

Text:神岡真司

自分のイメージをアップさせるテクニック

一般的に警察官は黒をベースにした制服を着ています。これは威厳や強さを意識させ、犯罪の抑止につなげるためです。このように色の持つイメージを「色彩効果」と言います。これは、通常の人間関係においても役立ちます。

例えば、相手にかわいいイメージを持ってもらいたければ、ピンクの服やアクセサリーをつけたり、爽やかなイメージを持ってもらいたければ、白や青といった服を着ていくといいでしょう。

また、赤色を身につけると女性が一番魅力的に見えるとも言われます。一般的に暖色系は気分を落ち着かせることができ、寒色系は冷静かつ新鮮なイメージを持たれます。色彩を利用して、自分のイメージ作りに役立ててください。

そして、もうひとつ重要なのが「ギャップ効果」です。これは文字どおり普段のイメージと異なったことをして、印象づける方法。普段クールにしている人なら、仕事の場面で熱くなっている姿を見せると、普段から熱い人よりもそのイメージが際立って見えるのです。

自分を強く印象づけたい相手がいれば、その人の前で違った一面を見せてみましょう。そのギャップに驚きながら、あなたを強く意識することでしょう。

出典:『眠れなくなるほど面白い 図解 ヤバい心理学』

【書誌情報】
『図解 ヤバい心理学』
監修:神岡真司

「ヤバすぎる」心理ツールだけを厳選して解説し、35万部の大ヒットとなった『ヤバい心理学』が、最新の心理ツール&コンテンツを携え、オール図解化で“進化”して登場!「他人の言動の裏に潜む『心』の正体を知りたい」「自分や相手の気持ちや考えのベースになっている『本音』を理解したい』−−−−数多ある心理学のツールの中から、「これだけは絶対に知っておきたい」という重要度A級の「ヤバい」コンテンツだけを、図解でわかりやすく、また内容もパワーアップして、こっそりあなただけにお届けします。最新かつ身近で関心の高いテーマをあらためて追加、厳選した「実践的で使える心理学」の決定版 !

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内