SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

昨季盗塁阻止率.522! 千葉ロッテ期待の育成出身捕手とは?

捕手は田村龍弘が主力だが、柿沼友哉の成長も期待

 昨年の千葉ロッテ投手陣は、規定投球回到達者がゼロだったが、実績から石川歩、新加入の美馬学が軸になる。三番手以降は台頭して8勝の種市篤暉、復調して7勝の二木康太が続く。

 さらに若手では5勝を挙げた右腕の岩下大輝がいて、両左腕の小島和哉、中村稔弥も候補だ。

 救援陣は抑えの益田直也が中心。セットアッパーに新加入のハーマンがハマり、中継ぎは東條大樹、唐川侑己、西野勇士、田中靖洋、左は松永昂大、チェン・グァンユウと駒がそろう。

 外国人枠の兼ね合いもあるが、新加入のジャクソンも貴重な戦力となる。

 捕手陣は田村龍弘が主力だが、昨季は右太腿のケガの影響で出場100試合。代わりに出番を得たのが若手の柿沼友哉で、23試合に先発出場。

守備能力が高く、盗塁を23回企図され12回刺すなど送球もよく、成長が期待される。



ーー次回【北海道日本ハムファイターズ:チームバランス】へ続く >

(初出:【野球太郎No.034 (2020年月2月25日発行)】)

【書誌情報】
『野球太郎』刊行:イマジニア株式会社 ナックルボールスタジアム

野球の見方が変わる!日本で最もディープなプロアマを網羅する野球誌


伝説の野球誌『野球小憎』の創刊スタッフたちが2012年秋から場を変えて、『野球太郎』を刊行。
ドラフト候補選手に関する情報量は野球誌No.1の実績。全国各地の野球ライターや、ネットで評価の高いアマチュア野球研究家たちが誌面で大活躍中です。
他では読めないユニークな企画が満載。圧倒的な情報量と内容を満喫してください。