SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

巨人の新守護神となった大勢がNPB史上初の新人で開幕から2試合連続セーブ&初登板から7試合連続セーブ達成!

Text:安東渉

今季、球界で生まれた衝撃記録を一気に振り返る!2022プロ野球PICKUP記録集

2022年のプロ野球でも、記憶に残る数々の記録が達成された!ここではそんな名記録を振り返り、その偉業を改めて讃えよう。

巨人のドラ1投手が新守護神として快挙達成

大勢/読売ジャイアンツ
【PICKUP記録】初登板から7連続セーブ、新人最多タイ記録、シーズン37セーブ


 甲子園経験はないが、関西国際大時代にはあの上原浩二も活躍した阪神大学リーグで活躍。ドラフト1位で巨人に入団した(翁田)大勢が、開幕から抑えに抜擢され、サイド気味のスリークォーターから放られる最速159キロのシュート系の回転がある速球と、キレのある変化球を武器にその地位を早くも確立。

開幕戦となった対中日戦でセーブをあげると、翌日の同カードでもセーブを記録し、NPB史上初となる新人による開幕から2試合連続でのセーブを記録。さらに、そのまま安定した投球でこちらも史上初の初登板から7試合連続セーブを達成した。

大勢はシーズンを通して抑えとして活躍し、最終的にはシーズン37セーブを達成。これは山﨑康晃、栗林良吏にならぶ、NPB新人最多セーブ記録でもあり、巨人の新しい守護神として、しっかりとその存在感を示すことができた。

出典:『がっつり! プロ野球(33)』

『がっつり! プロ野球 (33)』11月24日発売!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内