SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

体幹と腕の連動が覚えられる左手1本で打つドリルとは?【100を切れない7つの理由・10の上達法/阿河徹】

Text:阿河徹

体幹と腕の連動を覚える 左手1本で打つ

左手1本で打つ練習には、スイングのいろんなエッセンスが詰まっています。

まず手先だけではクラブが上がらないので、バックスイングにおける腕と体の連動性を高めます。このときに体がねじれる感覚や、左の体側部が縮み右の体側部が伸びている感覚もつかむことができますし、バックスイングの体勢が苦しくて、早くダウンスイングに移行したくなるので、切り返しのタイミングを覚えることもできます。

さらには、ダウンからフォローにかけて、左サイドのブレーキングを効かせながらヘッドを出しますので、自然にビハインド・ザ・ボールの形になります。

このように体幹で、クラブをコントロールする動きを覚えることのできるこのドリルは、実際には「体幹ドリル」と呼ぶべきもので、難しいのですが、できたときのメリットはかなり大きいドリルです。

【書誌情報】
『100を切れない7つの理由・10の上達法 劇的に上手くなるスイングの作り方』
著者:阿河徹

なかなか上手くならないアマチュアゴルファーのスイングには、致命的な欠陥がある。そこで本書では、アマチュアのスイングの悪いクセを7つを解説。さらに、著者が「スイングの設計図」と呼ぶ、正しいスイングの動きをイラストでわかりやすく紹介する。そして、その基本の動きが身につき、上達に役立つ10のスイング・ドリルも公開する。スイングに悩んでいる人をはじめ、これからスイングを学ぶ人、基本を再度見直したい人も活用できる一冊である。